櫻坂46 山﨑天「週チャン」ソロ初表紙 物語の始まりを予感させるグラビア

櫻坂46 山﨑天「週チャン」ソロ初表紙

 櫻坂46の山﨑天が7月8日発売の 『週刊少年チャンピオン』32号(秋田書店)の表紙&巻頭グラビアに登場した。同誌にソロで登場するのは今回が初となる。また同誌は先週号より、2号連続櫻坂46祭を実施中。付録として山﨑天の両面BIGポスターもついてくる。

高校生になって初めての夏

 グループ最年少、高校1年生の山﨑天。高校生になってから初めて過ごす夏を半袖の制服姿で駆け抜ける。髪を後ろに結んで、スクールバックを片手に階段を登る。白いシャツが初々しく光っている。

 階段に腰をおろし、スカートの裾に触れながらカメラを見つめる。新しい制服を見に纏い、ひとつ大人になったことを実感する瞬間。櫻坂46に加入したことにより、子どもの頃に漠然と憧れていた高校生活とは違った3年間になりそうだが、好きなことに全力で取り組める時間であることには変わりがない。勉強とアイドルと。やるべきことはたくさんある。その先のことはまだ分からない。ただ今を、一生懸命な気持ちで過ごすだけだ。スクールバックを枕にして空を見つめる。その瞳に、その空はどう写っているのだろうか。

 続くカットでは、赤色のノースリーブワンピースを着て登場。緑溢れる洋風の庭で、ワンピースの裾を持ちながら、自身でチャームポイントだと話すサラサラの黒髪を揺らしている。その後もラフなカットが続く。黄色いパジャマ姿で、食パンにイチゴジャムを塗りながら見せる満面の笑顔。青色と白色のチェック柄の部屋着姿で見せる爽やかな笑顔。あたたかく、明るい光に包まれた山﨑天の豊かな笑顔を見ていると、これから本格的な暑さを迎えるであろう夏に向けて、清々しい気持ちになれる気がする。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「写真集」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる