高杉真宙が語る、漫画から学んだ精神 「立ち上がるか、立ち上がらないか、というのが1番重要」

高杉真宙が語る、漫画から学んだ精神

漫画から得たのは「ちゃんと立ち上る」精神

――漫画は一コマ一コマに表情などが細かく描かれていますが、俳優という仕事に漫画の表現方法が活きることはありますか?

高杉:漫画ってキャラクター描写がすごくしっかりされているから「こういうときのこのキャラクターってこうだよね」っていうのが絶対にあるので、それを少しずつ参考にしている気はします。

――出演している映画『賭ケグルイ』も、河本ほむらさん・尚村透さん原作による人気漫画の実写化作品です。高杉さんが「鈴井涼太」を演じるにあたり、原作から何か掴んだことはありますか?

高杉:僕の演じた役は大分原作から改変されていますが(笑)、立ち位置というものに関しては原作から参考にしている部分が多いと思います。『賭ケグルイ』(スクウェア・エニックス)は世界観を大事にしている作品で、その世界観は漫画ありきだと思っているから、そこはなぞるようにしています。

――そうなんですね、ちなみに漫画のキャラクターで憧れのヒーローはいますか?

高杉:ずっと大好きなのが『ボールルームへようこそ』の主人公・富士田多々良(たたら)なんですよ。自分の仕事に対するマインドとかがすごく似ている部分があるというか、共感できるところがあるんですよね。この作品を読んで仕事に行くと、ちゃんとがんばれる気がするんです。

――本書のあとがきに「漫画は教科書でもある」と書かれていて、とても共感しました。高杉さんが漫画から学んだことや得たものは何ですか?

高杉:「ちゃんと立ち上がる精神」じゃないかな。どの漫画でも、山あり谷ありの物語の中でがんばっていく主人公たちを見て「自分もがんばろう」と思えるのは、きっとそういうことなのかなと思います。それで成功する、しないはあると思いますけど、僕自身は「立ち上がるか、立ち上がらないか」というのが1番重要だと思っています。何事に対してもちゃんと向かおうと思うのがまず必要だと思うので、そういう部分を自分としては意識しています。

一冊を大事に読んでいきたい

――フォトエッセイには、約100ページにわたって「漫画喫茶の店主の1日」をテーマに撮り下ろした写真も収録されています。前半はどんなシチュエーションなのでしょうか。

高杉:全体の流れとしては、「漫画喫茶の店主、高杉真宙の一日」ということで、朝起きてお店に行って帰るまで、というイメージでした。こんなお洒落な生活、実際にはしていないですけど(笑)。こうやって朝起きて、草花に水やりをして洗濯して、優雅に過ごしてから現場に行けたらいいなぁと思いながら撮影していました。

――もし高杉さんが実際に漫画喫茶の店主になったら、どんな雰囲気のお店にしたいですか? 

高杉:できることなら1人で楽しめるように、あまり人が近づかないような狭くて暗い空間を作りたいですね。そうしたらお店は繁盛しないでしょうけど(笑)。 僕もいい漫画であればあるほど集中したいので、1冊に何時間かけられるかが勝負なんです。1冊を大事に読んでいきたいんですよ。

今後はSNSでおすすめ漫画を紹介していきたい

――4月に個人事務所を設立し、新たなスタートを切りました。今後の抱負や挑戦したいことを教えてください。

高杉:やってみたいことはいっぱいあります。俳優業はもちろんこれからも続けていこうと思っていますし、作品に対して深く向き合っていけたらなという思いがあります。これまで以上に作品に対する思いを、スタッフさんと一緒に、一丸となって作っていくのがこれから
の目標です。

20210509-takasugimahiro-01
20210509-takasugimahiro-02
20210509-takasugimahiro-03
20210509-takasugimahiro-04
20210509-takasugimahiro-05
20210509-takasugimahiro-06
20210509-takasugimahiro-07
20210509-takasugimahiro-08
20210509-takasugimahiro-09
20210509-takasugimahiro-10
20210509-takasugimahiro-11
20210509-takasugimahiro-12
20210509-takasugimahiro-13
20210509-takasugimahiro-15
20210509-takasugimahiro-14
previous arrow
next arrow
20210509-takasugimahiro-01
20210509-takasugimahiro-02
20210509-takasugimahiro-03
20210509-takasugimahiro-04
20210509-takasugimahiro-05
20210509-takasugimahiro-06
20210509-takasugimahiro-07
20210509-takasugimahiro-08
20210509-takasugimahiro-09
20210509-takasugimahiro-10
20210509-takasugimahiro-11
20210509-takasugimahiro-12
20210509-takasugimahiro-13
20210509-takasugimahiro-15
20210509-takasugimahiro-14
previous arrow
next arrow

■書籍情報
『僕の一部。』
著者:高杉真宙
出版社:幻冬舎
発売日:発売中
定価:1,760円(本体1,600円+税)
公式HP www.amazon.co.jp/dp/4344037715

読者プレゼント

高杉真宙さんのサインが入ったチェキを1名様にプレゼント。記事の感想を引用リツイートしていただくと当選確率アップ! 応募要項は以下のとおり。

【応募方法】
リアルサウンドブックの公式Twitterフォロー&該当ツイートをRTまたはリアルサウンド公式Instagramをフォローいただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドブックの公式Twitter又はリアルサウンド公式InstagramアカウントよりDMをお送りいたします。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※同一の方が複数アカウントからのお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。
※営利目的の転売は固くお断りいたします。発見した場合は然るべき対応をとらせていただきます。

リアルサウンドブック 公式Twitter:https://twitter.com/realsound_b
リアルサウンド 公式Instagram:https://www.instagram.com/realsoundjp/
(※Instagram上で、上記URL以外の「リアルサウンド」を名乗るアカウントには十分にご注意ください)

<応募締切>
2021年5月25日(火)23:59まで

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる