漫画家・浦沢直樹、なぜYouTubeチャンネルを開設? 初投稿で驚愕テクニックを披露

漫画家・浦沢直樹、なぜYouTubeチャンネルを開設? 初投稿で驚愕テクニックを披露

 『20世紀少年』『YAWARA!』などで知られる漫画家・浦沢直樹が、YouTubeチャンネル「浦沢チャンネル -URASAWA CHANNEL-」を開始した。

 週刊『スピリッツ』に、『あさドラ!』を連載中にもかかわらず「浦沢いつになったら新作書くんだ!?」というようなツイートを見かけ、「エゴサーチをやめた!」という浦沢。今後はYouTubeでも漫画の情報などを発信していくという。

 第1回目の動画では挨拶に加えて、下書きなしでチャンネルのロゴをかく様子を定点カメラで収めている。なんと10分弱という短い時間で『あさドラ!』の主人公アサと春日晴夫こと、おっちゃんに挟まれた浦沢の絵、そしてロゴが真っ白な紙に浮かび上がってくる様子は必見だ。

漫画家・浦沢直樹、YouTube始めます。

 宣伝ばかりじゃ「イヤラシイ」とのことで、今後は企画動画のアップロードも考えているという。NHKで放映中の『浦沢直樹の漫勉』には若手の漫画家の出番が少ないことから、若手とも対談をしたいという案や、“集中線の書き方”などの漫画の書き方講座(?)、浦沢が続けている音楽とのコラボも行っていきたいと発言。対談してほしい漫画家などをコメントしてみてもいいかもしれない。漫画好きにとって、今後要注目のYouTubeチャンネルになることは間違いないだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる