元乃木坂46 堀 未央奈が語る、卒業記念フォトブックに込めた想い 「このアイドル感はもう出せない」

元乃木坂46 堀 未央奈が語る、卒業記念フォトブックに込めた想い 「このアイドル感はもう出せない」

メイクは魔法

――お姉さんの話によると、乃木坂に加入する前はちびまる子ちゃんのような怠け者だったとか。そんな堀さんがメイクに興味を持ったきっかけは何だったんですか?

堀:きっかけは2つあります。まずひとつは「ar」のレギュラーモデルになったこと。トレンドを発信する存在として、自分がいいと思ったものを自分の言葉で紹介できる人になりたいと思うようになって。「ar」はもともと大好きな雑誌だったので、ちゃんとモデルが務まるよう美容に対する意識が芽生えたことがきっかけですね。もうひとつは姉の存在です。本作でも紹介していますが、姉は本当におしゃれな人なんです。乃木坂に加入した後も「この衣装にはどんなメイクが似合うかな?」といった、ちょっとした相談にも的確にアドバイスをくれたおかげで、メイクのことを理解できるようになりました。でも、子どもの頃は実写版のちびまる子ちゃんにピッタリなんじゃないかってくらい、ビジュアルも内面もソックリだったんですよ(笑)。

――今の堀さんからは想像できないです(笑)。時々Instagramにも化粧品を載せていますが、乃木坂のメンバーの中でもメイクには敏感な方なんでしょうか。

堀:そうですね。メンバーはみんな素材がいいので、メイクさんにお任せだったり、最低限のコスメしか持ち歩かないって子がほとんどですけど、私はメイクボックスと4つのメイクポーチを常に持ち歩いていて、バッグの中身はほぼ化粧道具。楽屋では『千と千尋の神隠し』に出てくる釜爺(かまじい)みたいに手を動かしてメイクしています(笑)。

――歌番組で堀さんを見るたびに、どんどんかわいくなられていると感じていたのですが、そのようなこだわりがあったんですね。

堀:嬉しい〜! ありがとうございます。毎回メイクも髪型も変えていたので、全然違う人みたいでしたよね。それこそ最初は、みなさんに覚えてもらうためにも変化をつけない方がいいんじゃないかって迷うこともありました。でも、その変化を楽しみにしてくださっているファンの方もいらっしゃって、私も衣装に合わせてメイクを楽しむことにやりがいを感じていたので「じゃあ、やりたいことを貫こう」と思えたんです。

 歌番組の衣装は当日にメイクさんと相談しながらメイクと髪型を考えることがひとつの楽しみでもありました。毎回変化をつけることで、ひとつひとつの仕事の思い入れも強くなるんですよね。

――メイクを楽しんでいる堀さんが言うと、とても説得力がありますね。

堀:メイクやおしゃれを楽しむことは、理想の自分に近づくための魔法。それは女性だけでなく、男性も同じだと思っています。とは言っても、家族の前ではまだまだちびまる子ちゃんな部分もあるんですけどね(笑)。

アイドルらしさの残る最後の一冊

――堀さんは、2017年にファースト写真集『君らしさ』を、2020年にセカンド写真集『いつかの待ち合わせ場所』を発売されました。どちらも、当時の堀さんらしさが出ている作品になっていますが、本作もまた、卒業を目前に控えた堀さんのありのままの姿が写っているんでしょうか。

堀:まさにそうです。ファーストの頃は今よりずっと幼くて、まるで赤ちゃんがアメリカに行ったみたいな感じですし、セカンドは「憧れの大人像」をテーマにしていたこともあって「ファーストに比べるとちょっとは大人っぽくなったかな?」って感じで。どちらも当時の私らしい表情ではあるんですが、本作では、より自分のことを理解した状態で撮影に臨めたので、卒業を目前に控えた等身大の24歳の私が写っていると思います。いろいろな衣装を着て、いろいろなメイクをしていますが、どれも私が好きなイメージばかり。インタビューでも赤裸々にお話しさせてもらったので、私の頭のなかを全部曝け出したフォトブックだと思って楽しんでほしいです。

――昨年11月、乃木坂46の公式YouTubeにて公開されたソロ曲「冷たい水の中」で卒業発表をされましたよね。異例の卒業発表に戸惑い、卒業を寂しく感じているファンの方も多いと思いますが、そんなファンのみなさんに本作をどのように見てもらいたいですか?

堀:本作は乃木坂46として出させていただく最後の作品です。3月28日の卒業公演から約2週間経ちましたが、完成した本作を自分で見ていると「このアイドル感はもう出せないな」と、すでに思うんですよ。これからも私はどんどん変化していくだろうし、この感覚はより大きくなっていくんじゃないかな。それは、きっとファンのみなさんも感じることだと思います。

 ただ、私にとって乃木坂46は大事な場所であり、青春でした。その事実は変わりません。本作には、乃木坂で過ごした8年間の思いがギュッと詰まっているので、是非たくさん見返していただいて、ふとしたときに乃木坂46の堀未央奈を思い出してもらえると嬉しいです!

20210416-hori-sub1
20210416-hori-sub2
20210416-hori-sub3
20210416-hori-sub4
20210416-hori-sub5
20210416-hori-sub6
20210416-hori-sub7
20210416-hori-sub8
20210416-hori-sub9
previous arrow
next arrow
20210416-hori-sub1
20210416-hori-sub2
20210416-hori-sub3
20210416-hori-sub4
20210416-hori-sub5
20210416-hori-sub6
20210416-hori-sub7
20210416-hori-sub8
20210416-hori-sub9
previous arrow
next arrow

■書籍情報
『乃木坂46卒業記念 堀 未央奈 1stフォトブック いつのまにか』
発売日:2021年4月20日
定価:1,980円(税込)
撮影:MELON
出版社:主婦と生活社

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる