夏菜、8年ぶり「ヤンジャン」で新婚グラビア デビュー時から変わらない魅力とは?

夏菜、8年ぶり「ヤンジャン」で新婚グラビア デビュー時から変わらない魅力とは?

 女優の夏菜が2月17日に発売された『週刊ヤングジャンプ』12号の表紙&巻頭グラビアに登場した。夏菜が同誌のグラビアに登場するのは約8年ぶり。結婚後、初登場となる。

女優・夏菜

 2005年より女優としてデビューし、2006年には『週刊ヤングジャンプ』の表紙&巻頭でグラビアデビューを果たした夏菜。そんな彼女の転機となったのは、2011年11月に公開された映画『GANTZ』だ。当時、オーディションに落ちることが多かったという夏菜だが、長かった髪をバッサリ切って挑んだ同作のオーディションは、満場一致で合格。主演の二宮和也と松山ケンイチの前に、まだ新人に近かった彼女が全裸で登場する印象的なシーンは大きな話題となった。ほぼ初の映画出演にして、同作は夏菜の代表作のひとつとも言えるだろう。

 女優のほか、2011年4月から2012年3月にかけてバラエティ番組『ピカルの定理』にレギュラーで出演、2019年5月からは自身の公式YouTubeチャンネル『なつなかん -夏菜YouTubeチャンネル-』を開設するなど、マルチな活動を見せている。また、今年1月には一般男性と入籍したことを発表した。今回のグラビアは、入籍発表後に約8年ぶりの登場を果たすという異例の新婚グラビア。しかし、これがまた夏菜らしい。あの頃とは違うグラビア。女優でも、バラエティタレントでもない顔。これが今の、夏菜の姿なんだ。

8年前と変わらぬプロポーション

 不思議な緊張感とキャリアを感じる余裕。久々ゆえなのか、冒頭は少し照れた表情を見せており、緊張感が写っている。前髪をかきあげる仕草。純白のランジェリー姿。あの頃とは違うグラビアは、どこか初々しさすら感じる。そんなドキドキも束の間、すぐに感覚を取り戻したのか、気づけば余裕を感じる表情を見せている。イチゴを食べる横顔。落ち着きのある瞳。頬に浮かぶエクボ。あの頃と変わらない。夏菜は夏菜のままだったと実感する。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「写真集」の最新記事

もっとみる