『Maybe!』誌上で窪塚洋介独占ロングインタビュー実現 特集は「嘘と本音」

『Maybe!』誌上で窪塚洋介独占ロングインタビュー実現 特集は「嘘と本音」

 清水尋也とアリアナさくらが表紙に登場した『Maybe!』vol.10が、11月27日に小学館より発売された。誌面では窪塚洋介への独占ロングインタビューが実現。

 今号の特集は嘘と本音。「ちょっとよく見せるための嘘」「自分でも気づいてなかった嘘」「ギャグとしての嘘」「傷つけないための嘘」など、嘘といっても多種多様。様々なアーティストたちに普段どんな嘘をついているかを訊いた。

 お笑い界の鬼才・金属バット、コウテイ、謎の音楽グループ「HASAMI group」の青木龍一郎は、前代未聞の“嘘しかつかない”インタビューに登場。

 ファッションは、自分を表現できると同時に、人に与える印象を作ることもできる。「嘘と本音のファッションスナップ」には、Sharar Lazima、xiangyu、板垣李光人、ゆうたろう、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)の5名が参加。「嘘と本音」を切り口に、5名のファッション観に迫った。

 その他、「カルチャートークの嘘と本音」では、アイナ・ジ・エンド(BiSH)、岩倉美里(蛙亭)、テニスコートらが「思わずついてしまうカルチャーの嘘」を解説。前代未聞の、藤原ヒロシと虚構新聞社社主UKのリモート対談も。

 また特別付録として『Maybe!』創刊5周年の記念ステッカーがついている。藤原ヒロシ(fragment)、コナリミサト、xiangyu、水内実歌子、Sophie Isogaiの5名が、ステッカーをデザインしている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■雑誌情報
『Maybe!』Vol.10
発売日:2020年11月27日
定価:本体 800円+税
公式サイト http://www.shogakukan.co.jp/pr/maybe/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる