ビタミンカラーのヨーグルトケーキ、チョコスモアスコーン……Tasty Japanのバズりスイーツ作ってみた

ビタミンカラーのヨーグルトケーキ、チョコスモアスコーン……Tasty Japanのバズりスイーツ作ってみた

 Tasty Japanが二冊のレシピブックを発売した。『Tasty Japan #バズりごはんBEST50』(小学館)と『Tasty Japan #バズりスイーツBEST50』(小学館)だ。

世界を「美味しそう」で席巻する、真上からの料理動画

『Tasty Japan #バズりごはんBEST50』

 俯瞰ショットで早回しする料理動画のパイオニア、Tastyは、今や世界で3億2,500万人以上が視聴するまでに成長した一大料理動画メディアだ。2016年に日本版として立ち上がったTasty Japanも、国内のInstagram、Twitter、FacebookなどのSNSやYouTubeで瞬く間にフォロワー数を1,700万人にまで増やし、今なお快進撃を続けている。


 Tastyはノセ上手だ。彼らが作る料理動画は、気持ちいいほどテンポよく、サクサクと調理が進む様子を捉える。その尺はわずか一分ほどと短いものがほとんど。ああ美味しそう!と観ていると、馴染みのない外国料理でさえ「これなら作れるかも?」と、その気にさせられてしまう。画面いっぱいに映し出された完成品からはソースやクリームがとろ〜んととろけ、シズル感が溢れる。そんな動画のエンディングを観て、何度お腹を鳴らしたことか。

 Tastyの動画は、いうなれば「目で見るASMR」だ。しかし、脳に快感をもたらしてオシマイ、ではない。ここからがTastyの本分だ。実際に動画を参考に作ってみたことが何度かあるが、どれもきちんと美味しく、目も舌も喜ばせてくれる。Tastyが提案するレシピに従って料理するにつけ、斬新さだけではなく、レシピの精度の高さにも唸らされる。

 とはいえ、やっぱり料理中は本を開いているほうが落ち着く私。特にお菓子作りでは、指先がベトベトの生地にまみれて思うようにスマホを操作できない、ということもしばしば。ゆえに今回の書籍化は願ったり叶ったりの展開だった。さっそくスイーツ版『Tasty Japan #バズりスイーツBEST50(小学館)』を取り寄せて、三品作ってみた。

マシュマロとろ〜り、チョコスモアスコーン

 スモアはもともと直火で焼いたマシュマロをチョコレートと一緒にビスケットなどで挟んだキャンプの定番スイーツだ。それをスコーンと合体させたのが「チョコスモアスコーン」。


 明日にでも子豚に生まれ変われそうなヘビーなルックスとは裏腹に、ホットケーキミックスで仕立てた生地には砂糖が入らないため意外とあっさり。200℃という灼熱のオーブンの中で焼き餅のようにプクーっとふくらむマシュマロが目にも楽しい。

 家にあった板チョコ一枚を砕いて牛乳25mlほどとレンチンし、泡立て器でよく混ぜて、間に合わせのソースを作ってとろりとかけたら、チョコもしたたる良いお菓子の完成。身近な材料で手早く美味しく作れるこのレシピは、まさにTastyの真骨頂といえる。

おつまみにも♪とろ〜りのびるチーズケーキ

 無類のチーズケーキ好きとしては絶対に外せなかったのが、この「とろ〜りのびるチーズケーキ」。


 何が伸びているかというと、棒状チーズなのだ。本来ならば引き裂かれる運命にある裂けるチーズたち、まさかオーブンで焼かれて伸ばされるなんて、予想だにしなかったろう。

 ホットケーキミックスの土台は甘さ控えめで、棒状チーズのほんのりとした塩気が舌をくすぐる。生地にクリームチーズを練りこんであるせいか、チーズケーキとマフィンの間のような、しっとりとやさしい食感がたまらない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「エッセイ」の最新記事

もっとみる