休日課長の“妄想”レシピ本が誕生 料理研究家リュウジとの対談も

休日課長の“妄想”レシピ本が誕生 料理研究家リュウジとの対談も

 「ゲスの極み乙女。」「DADARAY」「ichikoro」のベーシストとして活動する休日課長がレシピ本『ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん』を11月19日にマガジンハウスより発売する。

 本書は、彼女いない歴3000日以上の休日課長が、とある男女の物語を交えて、おいしい料理と食卓を紹介するレシピ本だ。

 TV番組で披露した「究極のしじみカレー」をはじめ、「中華風なすの肉巻き」「幻のブラックペッパーとんかつ」などの肉おかず、「喫茶まさおのナポリタン」「たらことイカの塩辛スパゲッティ」などどこか懐かしいメニューまで、休日課長流の定番66品を収録。料理初心者でも迷わないように、工程はできるだけ省き、ほぼ15分で作れるものを掲載している。

 巻末では人気料理研究家・リュウジと妄想レシピ対決を実施。気になるあの子に作りたい、とっておきの一品をそれぞれ紹介する。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

休日課長コメント(あとがきより)

「彼女や彼氏に振る舞うのもいいですが、大切な家族や友達に振る舞うときにも是非、使ってくださいね。あなたが思っている以上に、自分の作った料理を食べてもらう喜びは、何ものにも代えがたいものです」

■休日課長(きゅうじつかちょう)プロフィール
1987年2月20日生まれ。埼玉県出身。大学時代にベースを始める。2012年、川谷絵音に誘われ「ゲスの極み乙女。」に加入。11年に東京農工大学大学院を卒業後、14年までは一般企業に勤めながらバンド活動を展開。17年に「DADARAY」、18年に「ichikoro」にベーシストとして加入。趣味は「食」。
Twitter https://twitter.com/eninaranaiotoko/
instagram https://www.instagram.com/kyujitsu_kacho/

■書籍概要
『ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん』
著者:休日課長
発行:株式会社マガジンハウス
発売日:2020年11月19日
定価:本体1,300円(税別)
https://magazineworld.jp/books/paper/3131/

〜イントロダクション〜
理生(まさお)と智子(ともこ)は、小さい頃からの幼なじみ。
幼稚園から高校まで同じ学校に通い、大学は別々になったが、一年に一回、正月には必ず顔を合わせている。
恋仲になったことは一度もない。今ではたまに、たわいもない電話をするくらいだ。

■本書の内容
Chapter1
休日課長の一週間献立
・(日)究極のしじみカレー
・(火)週1でパスタの日
・(木)忙しい日のずぼら和食
・(土)和田家の最高モーニング etc…

Chapter2
僕の定番おかず
・中華風なすの肉巻き
・幻のブラックペッパーとんかつ
・まさおの肉じゃが etc…

Chapter3
満腹ごはん
・禁断の目玉焼きごはん
・大人のメンマチャーハン
・あさり缶でなんちゃって深川飯 etc…

Chapter4
しあわせの麺
・喫茶まさおのナポリタン
・たらことイカの塩辛スパゲッティ
・トマトジュースで冷製パスタ etc…

Chapter5
野菜主役レシピ
・キャベ千かき揚げ
・コクうまキムチ鍋
・ほうれん草グラタン etc…

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる