岡田健史が表紙に登場『小説 野性時代』11月号 薬丸岳の長編新連載スタート

岡田健史が表紙に登場『小説 野性時代』11月号 薬丸岳の長編新連載スタート

 俳優・岡田健史が表紙を飾った『小説 野性時代』11月号(No.204)が、2020年10月12日にKADOKAWAより発売された。

 新連載となる薬丸岳「最後の祈り」は、死刑囚の心の深淵を描き切る、迫真のサスペンス。また、海堂尊『医学のひよこ』の続編「医学のつばさ」がスタート。中学生医学生たちの活躍と成長を描く。

 短編特集では、川越宗一、香月夕花、重松清、古内一絵など、豪華執筆陣の最新短編を読むことができる。さらに、蝉谷めぐ実『化け者心中』の刊行記念として、早稲田大学教授の児玉竜一と師弟対談が実現した。

 連載作品の赤川次郎「天使に賭けた命」、中島京子「ムーンライト・イン」、貫井徳郎「悪の芽」は、今号で最終回を迎える。

■書誌情報
『小説 野性時代 第204号 2020年11月号』
定価: 880円(本体800円+税)
発売日:2020年10月12日
https://www.kadokawa.co.jp/product/322002000129/

【「最後の祈り」試し読み】
https://kadobun.jp/trial/yasei/cu0q4q2ig34s.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる