乃木坂46 齋藤飛鳥ら、グループの「転機」を語る 『AERA』表紙に登場

乃木坂46 齋藤飛鳥ら、グループの「転機」を語る 『AERA』表紙に登場

 映画『映像研には手を出すな!』に出演する乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が表紙に登場した『AERA』9月28日増大号が、9月19日に朝日新聞出版より発売された。4ページにわたるグラビア&インタビューでは、映画についてのみならず、長年グループを支えてきたメンバーが相次いで卒業し「転機」を迎えているという乃木坂46についても、それぞれの思いを語っている。

 「優美」「変わらぬ心」「率直」とそれぞれに異なる花言葉を持つ花を手にして撮影したグラビアは、トップアイドルのオーラ溢れる仕上がり。齋藤は1期生、山下さんと梅澤さんは3期生で、以前は話すことも少なかったというが、取材中は梅澤に「(山下は)日々、飛鳥さんからいじられてる」と言われた山下がすかさず受けて「私は飛鳥さんを尊敬しています」。さらに齋藤が「尊敬がみえないんだよね」と返すなど、映画を通じて距離感が縮まっているよう。毎日ふれあうメンバーは「戦友のようなもの」という山下の言葉に、それぞれの関係性が垣間見えた。

 月1回の連載「向井康二(Snow Man)が学ぶ 白熱カメラレッスン」も5ページに拡大して掲載。レッスン当日、先生役のハービー・山口を驚かせたのは、向井が撮ってきた写真の数々。前回のレッスンで教わった内容をあっという間に自分のものにしているばかりか、向井なりに応用してオリジナリティの高い作品に仕上げており、山口も「臨場感と物語性があっていいんだよなぁ」とベタぼめしている。

 さらに今号には、KAT-TUNの中丸雄一へのインタビューも掲載。東京グローブ座で上演中のソロアクトライブ『中丸君の楽しい時間4』は、セルフプロデュースの一人舞台。コロナ禍にあって客席は半分。一方で配信も予定されていて、「考えるのは大変ですが、アイデア次第ではチャンスにもできる」と語る中丸。インタビューでは、このライブを続けるモチベーションや外出自粛中に考えたことについて訊くとともに、最近買った「ずっと欲しかったもの」についても明かした。

 巻頭特集では、第2波が収束に向かい、イベントの人数制限解除やGoToキャンペーンへの東京の追加などの動きが続く中、新型コロナウイルスが夏よりも冬に大きな流行を引き起こす可能性を改めて指摘。新型コロナとインフルエンザの「ツインデミック」に注意を呼びかけるとともに、これまでに確認された「クラスター」を分析。多くのクラスターが、感染予防対策の不徹底と、感染者の2割とされる「スーパースプレッダー」の組み合わせによって引き起こされていたことをレポートしている。

■書誌情報
『AERA(アエラ)』2020年9月28日増大号
出版社:朝日新聞出版
特別定価:391円+税
発売日:2020年9月19日 ※21日が祝日のため、発売日繰り上げ
https://www.amazon.co.jp/dp/B08FP38RLK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる