人気料理研究家・コウケンテツ、「ごはん作りに疲れてしまったすべての人へ」贈るエッセイ

人気料理研究家・コウケンテツ、「ごはん作りに疲れてしまったすべての人へ」贈るエッセイ

 人気料理研究家・コウケンテツ初の書き下ろしエッセイ『本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ』が、9月17日にぴあ株式会社より発売される。

 仕事として、家事として、趣味として、長きにわたって料理と向き合ってきたコウケンテツが、毎日「おうちごはん」を作っている人の気持ちを少しでも軽くしたい、気持ちに寄り添いたい、作る人が元気になるような本を作りたい、という気持ちから生まれた本作。エッセイのほか、料理の「手間」を排除する実用レシピもたっぷり掲載。9月1日には、コウケンテツがYouTube「Koh Kentetsu Kitchen」にて、本書への思いを語る動画がアップされた。

コウケンテツ コメント(本書より抜粋)

料理研究家だって、
毎日のごはん作りはしんどいんです

「僕にとって、そもそも料理をすることは「楽しみ」でした。
日々のごはん作りはもちろん、料理研究家として仕事を始めてからは、
いろいろなレシピを生み出すことにやりがいを感じていました。
ただ、それは結婚して子どもが生まれる前の記憶。
子どもが生まれると、なんだか料理作りがしんどい。
考えるのが面倒だ。今日は作りたくない……。
そんな日が増えていったのです」

「毎日のごはんを作るのは終わりなき戦いのようなものです。
作っても、作っても、作らないといけないんですから。」

「子どもの保育園の着替えを洗濯して、風呂掃除もしなければ。
やらなければいけない仕事もまだ残っているのに……。
今日は一汁一菜も無理な僕は、料理家以前に人間失格なのでは……」

「スーパーで販売している焼き鳥やコロッケも朝ごはん代わりの菓子パンも
僕にとってはいざというときに頼れる「駆け込み寺」的な存在」

■コウケンテツ プロフィール
1974年大阪府生まれ。料理研究家。旬の素材を生かした手軽でおいしい家庭料理を提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。また30か国以上を旅し、世界の家庭料理を学んだ経験も持つ。プライベートでは3児の父親として育児に奮闘中。親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通して人と人とのコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。2020年3月末に開設したYouTube公式チャンネル「Koh Kentetsu Kitchen」は登録者数40万人を突破(2020年8月現在)。料理研究家ユーチューバーとしても活躍中。
・YouTube「Koh Kentetsu Kitchen」 https://www.youtube.com/channel/UC3p5OTQsMEnmZktWUkw_Y0A
・インスタグラム @kohkentetsu https://www.instagram.com/kohkentetsu/
・Twitter https://twitter.com/kohkentetsu14

■書籍情報
『本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ』
著者:コウケンテツ
発行:ぴあ株式会社
発売:2020年9月17日
定価:1,400円+税
『本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ』サイト:https://www.piabooks.com/kohkentetsu2020
書店、ネット書店にて販売
Amazon https://amzn.to/3lAc1va
楽天ブックス https://bit.ly/31NqXxX ほか

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる