中村倫也、2年ぶり表紙登場で“美学”語る 『Audition blue』5月号

中村倫也、2年ぶり表紙登場で“美学”語る 『Audition blue』5月号
『Audition blue』5月号より中村倫也

 雑誌『Audition blue』5月号(4月1日発売)通常版の表紙&巻頭グラビアに中村倫也が、“緊急増発表紙版”には超特急が登場する。

 通常版の表紙を飾った俳優・中村倫也は、2018年のNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』の大学生役で一気にブレイクし、以降数々の話題作に出演、人気・知名度を確かなものとした。2018年の同誌リニューアル新創刊号以来の登場となる今回の巻頭グラビアでは、中村の表情に引きこまれる写真が満載。どこまでも飾らない、あるがままの中村倫也を堪能できる。

 さらにロングインタビューでは、プライベートでも交流があるという危険地帯ジャーナリストの丸山ゴンザレスが聞き手として登場し、「本当の中村倫也」を潜入調査。役者としての美学やこだわり、今後の展望などを語っている。

『Audition blue』5月号・緊急増発版

 そして、“緊急増発版”の表紙には超特急が登場。高いエンターテインメント力と、驚きに満ちた自在なダンスフォーメーション、そしてファンとの一体感のあるパフォーマンスが話題となり、これまでもさいたまスーパーアリーナをはじめとする各地の大会場で単独公演を成功させてきた彼ら。昨年12月~2020年1月にはグループ史上最大規模のアリーナツアー『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolución viva』を開催し、約8万人を熱狂させたばかり。そんな超特急をスタイリッシュに撮り下ろした。特にメンバーが日本刀を手にしたカットなどは、彼らの洗練された佇まいと色気が全開。加えて、この超特急表紙版をセブンネットショッピングで購入した場合、限定特典として全員集合ポストカードを手に入れることができる。

『Audition blue』5月号より清原翔

 また、モデルから本格的に俳優として活動をスタートしたのち、昨年から現在にいたるまで連ドラへの出演が絶えず続いている清原翔が巻末グラビア&インタビューに登場。美しく、包み込むようなやわらかい視線を感じられるグラビアは必見。

 そのほか、EXILE SHOKICHI、松岡広大、甲斐翔真、崎山つばさ、宮世琉弥、ONE N’ ONLYのグラビアのほか、声優・内田雄馬のライブレポートも掲載。毎号好評連載中の神尾楓珠による「楓とロック」と「萩原利久の全力公園」は、エイプリルフールに発売される同号ならではの“サプライズ”企画が展開されている。

■書誌情報
『Audition blue』5月号
出版社:白夜書房
発売日:2020年4月1日
定価:1,000 円(税込)
公式Twitter:@Auditionblue
公式Instagram:@auditionblue_magazine

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!