せきしろ×又吉直樹が自由律俳句を詠む人気シリーズ10年ぶり最新刊『蕎麦湯が来ない』 イベント開催も決定

せきしろ×又吉直樹が自由律俳句を詠む人気シリーズ10年ぶり最新刊『蕎麦湯が来ない』 イベント開催も決定

 五七五の定型を破って詠む自由律俳句を、せきしろと又吉直樹という文学界の異才コンビが詠む人気シリーズ。第一弾『カキフライが無いなら来なかった』(単行本2009年刊、文庫2013年刊)、第二弾『まさかジープで来るとは』(単行本2010年刊、文庫2014年刊)に続く、10年ぶりの単行本『蕎麦湯が来ない』が2020年3月12日にマガジンハウスから発売される。404句の自由律俳句と50篇の散文を収録。

 また、刊行記念トーク&サイン本お渡し会の実施も決定した。3月13日午後7時より三省堂書店池袋本店にて開催予定(イベント詳細については同店ホームページまで)。

■せきしろプロフィール
1970年、北海道生まれ。文筆家。主な著書に『去年ルノアールで』『たとえる技術』『1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった』などがある。

■又吉直樹(またよし・なおき)プロフィール
1980年、大阪府生まれ。吉本興業所属の芸人であり作家。主な著書に『火花』(第153回芥川賞受賞)、『第2図書係補佐』『劇場』『人間』などがある。

■書籍概要
『蕎麦湯が来ない』
著者:せきしろ×又吉直樹
発行:株式会社マガジンハウス
発売日:2020年3月12日
定価:本体1,400円(税別)
https://magazineworld.jp/books/paper/3085/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる