『旅と鉄道』増刊2月号の特集は「寅さんの鉄道旅 お帰り 寅さん篇」

『旅と鉄道』増刊2月号の特集は「寅さんの鉄道旅 お帰り 寅さん篇」

 2019年12月27日、いよいよ映画『男はつらいよ』シリーズの第50作『男はつらいよ お帰り 寅さん』が公開される。それに合わせ、『旅と鉄道』増刊号の「寅さんの鉄道旅」の第3弾として「寅さんの鉄道旅 お帰り 寅さん篇」が、2019年12月19日に株式会社天夢人より発売される。『男はつらいよ』シリーズの鉄道名場面を振り返る1冊となっている。

 SLが引く貨物列車を寅さんがタクシーで追いかける第5作「望郷篇」、リリーと“パパ”とともに函館本線蘭島駅で駅寝をする第15作「寅次郎相合い傘」、寅さんが持つスルメイカに車掌が入鋏してしまう第40作「寅次郎サラダ記念日」など、駅や列車を舞台に寅さんが笑い、怒った歴代名シーンを、映画のスチール写真とともに振り返ります。

 ロケ地めぐりの旅①では、評論家の川本三郎が第44作「寅次郎の告白」の舞台・鳥取へ。泉と寅さんが偶然出会う倉吉の白壁土蔵群の街並み、鳥取砂丘、鮎料理屋でマドンナとのやり取りが印象的な河原町、そして寅さんが木造の駅で列車を待った若桜鉄道安部駅などを旅している。

 ロケ地めぐりの旅②では北陸へ。牛乳のボトルを列車のデッキに積み込み、駅で寝ていた寅さんが起こされた旧・尾小屋鉄道金平駅の廃線跡から、えちぜん鉄道永平寺口駅など第9作「男はつらいよ 柴又慕情」のロケ地へ、写真家の南正時さんが旅に出る。

 寅さんの故郷・柴又のさんぽ旅も収録されており、映画の中に登場するとんがり屋根が印象的な江戸川の取水塔をはじめ、帝釈天、参道の名店、矢切の渡しなどを訪ねている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■目次
・寅次郎50年目の汽車旅(文/南 正時)
・寅さんと笑い、怒り、泣いた人々(くるまや篇/柴又篇/旅先篇)
・寅さんの愛した女性たち 歴代マドンナのすべて
・寅さんサミット2019 in 柴又 映画『男はつらいよ』公開50周年 特別座談会
・監督、さくら、博、源公の男はつらいよ
・鉄道名シーン
・新作「お帰り 寅さん篇」のために見直したい鉄道シーン
・第44作「寅次郎の告白」の舞台へ(文/川本三郎)
・「柴又慕情」から「拝啓寅次郎様」へ(文/南 正時)
・九州を旅した寅さんの足跡
・九州・大分ロケ地探訪
・「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」の舞台上田電鉄と別所温泉の旅へ
・『男はつらいよ』シリーズで初めてD51形蒸気機関車が登場した柘植駅へ
・『男はつらいよ』の舞台を歩く 柴又駅から寅さんぽ
・鉄道見どころ付き 「男はつらいよ」50作品の世界 

■書誌情報
『旅と鉄道』2020年増刊2月号「寅さんの鉄道旅 お帰り 寅さん篇」
出版社:株式会社天夢人
発売日:2019年12月19日
定価:1320円(税込)
全国書店、オンライン書店などで販売

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる