北村匠海「恥ずかしくなるほど顔が変わっています」 初写真集イベントで19歳のころを振り返る

北村匠海「恥ずかしくなるほど顔が変わっています」 初写真集イベントで19歳のころを振り返る

 北村匠海が、自身初となる写真集『北村匠海 写真集 U&I』(KADOKAWA)の発売記念イベントを、9月28日にHMV&BOOKS SHIBUYAにて開催し、訪れたファン1500人と交流した。

 『北村匠海 写真集 U&I』は、2017年3月から『週刊ザテレビジョン』でスタートした連載「take me, take you」の未公開カットと、奄美大島での撮りおろし写真で構成され、19歳から21歳にかけての北村匠海を収めた一冊。

 イベント前に行われたマスコミ向け囲み取材で北村匠海は、同写真集について、「19歳から 21歳までの僕が詰まっているんですけど、僕が見ても恥ずかしくなるほど顔が変わっています。19歳のころの写真は、ものすごくギラギラしているんです。目が野心に燃えていましたね(笑)。映画『君の膵臓をたべたい』(2017年)という大きな変化があった作品に出たあとだったので、気持ちが高ぶっていたのか、ものすごく顔つきがとがっています。そういう意味で、写真集というか記録集に近くて、僕自身も楽しめる内容になっているので、やっと皆さんのところに届くと思うとうれしいです」とコメント。

 奄美大島での撮影については、「奄美大島は以前、番組で行って以来すごく好きな場所なんです。今回1泊2日の弾丸日程で行ったんですけど、海がきれいで、生き物たちもすごくのびのびしている中で、ファッショナブルな服を着て。奄美を旅行している気分もありつつ、その中でちょっと異質な存在となって撮影できました。それが写真にも表れていると思います」と述べた。

 また、今後の目標について問われると、「音楽と役者の仕事両方とも、自分の納得いくものを作っていくことです。あと、30歳ぐらいになったらやれることを増やしたいですね。周りの役者の先輩方が監督をやられたりしているので、そういうのも興味があります。12歳の時、 小栗旬さんが監督された『シュアリー・サムデイ』という作品に出させていただいて、その時に撮る側にも惹かれたの で、30歳、40歳、何歳になってからでもいいのでやってみたいなと思います」と、役者以外の仕事にも意欲を見せた。

 同イベントは今後、大阪、名古屋でも開催される。

■書籍情報
『北村匠海 写真集 U&I』
発売日:9月26日
価格:3,564円(本体3,300円+税)
頁数:176頁

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「イベント」の最新記事

もっとみる