>  >  > “ディーヴァ”ブームを支えた和製R&Bの挑戦

「リズムから考えるJ-POP史」連載第3回

リズムから考えるJ-POP史 第3回:90年代末の“ディーヴァ”ブームと和製R&Bの挑戦

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は小室哲哉の仕事についてtrfを中心に論じ、小室を「90年代を通じて日本人の『BPM感覚』と『16ビートのグリッド』を規定した」プロデューサーと位置づけた。続いて取り上げるのは、1996年ごろから徐々にJ-POPにあらわれてきた和製R&Bの流行、あるいはより具体的には和製R&Bのサウンドにのせて相次いで登場した“ディーヴァ”系シンガーの流行である。

 この流行は、90年代末にメインストリームで巻き起こった日本語ヒップホップブームとあわせて、日本のポップミュージックのリズムに大きな影響を与えた。それはサンプリングミュージックがもたらす“ループ感覚”の普及にまとめられる。ここでは同時代のアメリカで起こった“ヒップホップ・ソウル”の動向を参照しつつ、和製R&BがJ-POPのリズムにもたらしたものの内実を検証していく。

 と、本題に入る前に、J-POP史上における和製R&B及び“ディーヴァ”ブームの歴史的な経過と意義を確認しておく。このブームはある意味ではメインストリームとアンダーグラウンドの境界線を揺さぶり、CD普及以降に起こったリスナー層の平準化をいっそう推し進めた。

 たとえば、音楽ライターでありプロデューサーとしても功績が多く、R&Bに造詣の深いことで知られる松尾潔は、ジャズミュージシャンの菊地成孔との対話でこのように言葉を交わしている。

松尾 ほんと朝本(筆者注:音楽プロデューサー朝本浩文)さんが手がけたUAの「情熱」という曲は、僕のような立場の人間からすると、エポック・メーキングそのものという曲ですよ。「ビフォーUA」「アフターUA」と言いきってもいい。
(菊地成孔・大谷能生『アフロ・ディズニー2 MJ没後の世界』文藝春秋、2010年、pp.318-319)

UA/情熱 -live album『ハルトライブ』より- (Video Clip)

 UAのデビューは1995年。「情熱」は翌年にリリースされた彼女の4枚目のシングルだ。力強いドラムスやカッティングギター、ベースラインがうねるバンドアンサンブルは、1998年、MISIAのデビューあたりを境に主流となる、打ち込みを中心に据えた和製R&Bとは趣が異なるものの、バックビートを強調したグルーヴやシンコペーションの多いメロディラインなど、その特徴は共通している。

ループ感覚の台頭

 90年代末の“ディーヴァ”ブームを支えた和製R&Bのアレンジ面での挑戦とは、ループミュージック化が進んだ90年代アメリカのヒップホップ・ソウルを、いかにJ-POP的な“物語構造”と調和させるか、に集約される。近田春夫の言葉をひいてみよう。

 「同じことの繰り返しが、人を退屈させない」時、その音楽には“グルーヴがある”というのが、私の基本的な、グルーヴの考え方である。もう少しいうと「その反復性が何よりの魅力の根源となっている場合」、そこにはグルーヴが存在している。
 […]
 Jポップは、いってみれば早く「行かせよう」とすることに技術をこらしている音楽だと思う。[…]だからメリハリを重んじる。例えばサビになればなったで、景色が変わるように違う世界が飛び出してきたりするのも、メリハリが目的である。
(近田春夫「Bonus Track 『陽のあたる場所』はJポップとダンス音楽の境界線に立つ」『考えるヒット2』文春文庫、2001年、pp.150-151)

 近田春夫の「グルーヴ」観はそのまま、ヒップホップ以降のR&B、すなわちヒップホップ・ソウルと地続きである。対してJ-POPは、小室哲哉以降特に顕著になるが、楽曲内のメリハリがときに物語としての整合性を壊しかねないほど強調されることも少なくない。

 和製R&Bの多くは楽曲の構成から言えば「A‐B‐サビ(‐大サビ)」、ときにクライマックスでの転調、といった90年代以降のJ-POPを踏まえたものが多く、またメロディの輪郭もはっきりとわかりやすい。基本的にヴァース(平歌)とフック(サビ)からなり、和声的にも変化の薄いヒップホップ・ソウルと比較すると、ポップミュージックとしての定石に忠実であるように思える。

 とはいえ、典型的なJ-POPのアレンジと比べればコード進行は極力単純化され、楽曲のさまざまなポイントにループ感覚を示唆する要素も詰め込まれている。それは第一に16ビートで刻まれる一定のグルーヴィなリズムパターンと、それを強調するベースラインやメロディ楽器の使い方であり、第二には打ち込みやサンプリング特有のエディット感覚あふれるフレージングである。楽器編成上、楽曲構成上のミニマリズムと、日本における歌謡曲~J-POPに求められる定石の折衷として、和製R&Bはきわめて高い洗練を迎えていた。

MISIA「つつみ込むように…」イントロの巧みさ

MISIA『つつみ込むように…』

 これらの要素と、“ディーヴァ”たちの“声”を同時にプレゼンテーションしている例として、やはりMISIA「つつみ込むように…」(1998年)はブームに火をつけるだけの力を感じさせる良い例だ。とりわけイントロは特筆に値する。イントロは5分50秒のランニングタイムのうち36秒を占めるにすぎず、さらにいえば7秒あたりからはMISIAのフェイクが始まるため、体感的にはもっと短いようにも思える。しかし、ここには和製R&Bの特徴がしっかりと刻みつけられている。

 まず耳に残るのは、冒頭の2小節に渡る四分音符のヒットである。同じサウンドが切り貼りされたかのように繰り返されることで、シーケンサーやサンプラー特有の反復の感覚が示唆される。

MISIA – つつみ込むように…

 このヒットの連続が終わるとすぐ、MISIAによる超高音の“ホイッスルボイス”が登場し、彼女の“声”のキャラクターが示される。そのままナチュラルな音域に戻って続くフェイクでは、ややシャッフルした16ビートの上で三連符のフレーズが歌われ、続いてシンコペーションを含むメロディの下降が現れる。そして、2小節、次のパートへ接続する細かいブリッジが挿入され、Aメロに入る。時間にすれは30秒ほどだが、声のレンジとニュアンスの表現、またリズムに対する感覚の確かさが詰め込まれたフェイクだ。

 加えて、8分音符でコードを刻み、ハイハットと並んでビートのグリッドを示唆するピアノの使い方は、この楽曲の肝がまずリズムに、さらに言えばこのグリッド上で反復するパターンにあることを示している。また、2拍分の休符を含むベースラインは、コードの進行に合わせてメロディを変形させながら、基本的には楽曲を通じてオスティナートのように同じ音型を保つ。これらによって、楽曲を構成する反復の単位が明確に示されているのだ。そもそもこのイントロはサビのトラックをほぼそのまま援用しているので、全体を通しての反復の印象はなおのこと強い。

譜例1

 以上のように、このイントロはほぼ「これから始まる音楽はこのようなものだ」ということを主張しきっている。しいて付け加えるならば、サビのメロディで効果的に用いられているアウフタクトや16分音符単位のシンコペーション(譜例1、8分音符の裏にひっかかるような譜割り)だろうか。こうした譜割りの妙が浮かび上がるのは、ほかでもなく反復する“グルーヴ”の感覚が楽曲を貫くように配慮されたアレンジだからだ。

      

「リズムから考えるJ-POP史 第3回:90年代末の“ディーヴァ”ブームと和製R&Bの挑戦」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版