>  >  > 木村拓哉、ラジオ最終回で感謝伝える

木村拓哉、ラジオ番組最終回でリスナーに感謝伝える「しんどい時には励ましてもらいました」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 木村拓哉が、パーソナリティを務めるラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM)が、7月27日の放送をもって最終回を迎えた。

 1995年1月にスタートして以来、23年に渡り同番組のパーソナリティを務めてきた木村だが、8月より新番組『木村拓哉 FLOW』を担当することが発表されている。番組冒頭、木村は「このワッツ、1995年1月からずっと続けてきたわけなんですけど、今日が最後です。『嘘でしょ?』って思った人いると思うんですが、ラストです。だからといって湿っぽいのは似合わないので、大切なみんなといつも通りな感じでクルージングしていきたいと思います」とあくまで通常通りの最終回にすることを約束し、“ワッツらしい曲”としてGuns N’ Roses「Sweet Child O’ Mine」を選曲した。

 リスナーからのメールをきっかけに、最終回で好きなアニメの話をしだす木村。最近一番多かったメッセージとして、明石家さんまプロデュースのドラマ『Jimmy』(Netflix)のさんま役を木村が演じていることについてのメールだった。『さんタク』(フジテレビ系)のトークの中では、さんまがジミー大西の役を木村にお願いしていたが、難しい役であると木村が感じ、さんまは劇中の設定では“先輩芸人”として、さんまより先輩の架空の人物を木村に演じさせたという。「この番組が始まった頃は、さんまさんとは今の関係性では全くなかったんですけども、『空から降る一億の星』(フジテレビ系)で共演していただいて、それでコミュニケーション取らせていただいて。これは今でも自分の支えに間違いなくなってるんですけど」と振り返る。また、以前バラエティ番組でさんまが「お互いのすごいこと」という質問に、「父親であること」と木村を紹介したことがあったという。「今でもそれは支えですね。テクニックとかルックスとかそういうことではなくて、『父親であること』って言ってくれたことが、本当に今でも支えになってますね。間違いない」と当時を振りかえった木村は、ドラマの主題歌であるElvis Costello「Smile」を流した。

 キムタツさん、ピンク先生、昔のジングルなど、番組の印象的な人物、企画を振り返る木村。最後のメールに選んだのは、「1996年に移動中のキャプテンを見かけたことがあります。白いバンの後ろの席に座っていて、窓を開けて髪をなびかせながらすごいオーラでした。今でも窓を開けて車に乗ったりすることはありますか?」というもの。これまでの23年間について木村は、「捉え方によっては半端だね。長い気もするけど、半端だなっていうのが正直なところかな。ドラマでいったら『若者のすべて』(フジテレビ系)があって、それが94年の年末。その直後辺りにワッツが始まって、その年にダウンタウンの浜ちゃんと『人生は上々だ』(TBS系)をやらせてもらったりして。その当時の自分を振り返ってみてどうって言われても、やっぱり周りがキラキラしてた。出演者にしてもそうだし、テレビを作るっていう現場がリードしてたから。今みたいにSNSのカルチャーでみんなが発信できない状態で、テレビが作るものをみんながかじりついて見てくれていた。そんな状態だったから現場がキラキラしてましたね」と話す。ふらっと飲み屋に入って、あの頃の自分が座っていたらというシチュエーションで、木村は「ギラギラしてんだろうな。でも、そのギラギラ感はね、間違いないギラギラ感だと思うので、何にも言わないですね。『うん。うん。』って言って、何にも言わずにその店を出ます」と当時の自分をイメージし、〈あれからぼくたちは/何かを信じてこれたかなぁ〉という歌詞で始まるSMAP「夜空ノムコウ」をオンエアした。

      

「木村拓哉、ラジオ番組最終回でリスナーに感謝伝える「しんどい時には励ましてもらいました」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版