浜田省吾の記事一覧

(8件)

トレードマークの大門サングラスに洗いざらしのジーンズという出で立ちで、R&R道を追求し続け、スタジアム・ロックを体現できる日本でも数少ない男、ハマショウこと浜田省吾。
76年に「路地裏の少年」でデビューして以来現在まで、浜田の音楽性は一貫している。ボブ・ディランやビーチ・ボーイズといったアメリカン・ロックと50'sポップスを消化したジャスト・ロックンロール! シンプルな8ビートに、清涼感溢れるコーラスと男気全開のヴォーカル、そして夢と挫折、自由への渇望などを題材にした歌詞が一体となり、救いを求める子羊たちのハートを確実にヒット——青春のテーマ・ソングとしてエヴァー・グリーンな輝きを放っている。さらにテレビやラジオといったメディアに登場せず、コンサートと作品だけで音楽を伝えていく姿勢も、ファンの厚い信頼を勝ち得た要因だろう。
また、長期のツアーを行うことでも有名な彼だが、98年にスタートした『ON THE ROAD 2001』は、何と01年まで延べ4年間も続くという過酷なものだ。コンサートのチケットは何処でもソールド・アウト——その人気は依然衰えていない。
25年間走り続けてきた浜田省吾は、これからも永遠に走り続けるのだ。

浜田省吾、歴代ツアーパンフレット22タイトルを電子書籍にて完全復刻

浜田省吾、歴代ツアーパンフレット22タイトルを電子書籍にて完全復刻

浜田省吾が世代を超えて支持される理由とは? 約35年ぶりの音楽番組出演から読む

浜田省吾が世代を超えて支持される理由とは? 約35年ぶりの音楽番組出演から読む

浜田省吾、約35年ぶりに音楽番組出演 「歌の主人公たちも10年分成長したかな」

浜田省吾、約35年ぶりに音楽番組出演 「歌の主人公たちも10年分成長したかな」

浜田省吾、今なお人気を集める理由とは? 新アルバムが2週連続チャート1位を獲得 

浜田省吾、今なお人気を集める理由とは? 新アルバムが2週連続チャート1位を獲得 

浜田省吾、35年ぶりのラジオパーソナリティで山口智充と音楽談義 作品への思い語る

浜田省吾、35年ぶりのラジオパーソナリティで山口智充と音楽談義 作品への思い語る

山下智久『アルジャーノンに花束を』で再注目 野島伸司ドラマの“劇中歌”を読み解く

山下智久『アルジャーノンに花束を』で再注目 野島伸司ドラマの“劇中歌”を読み解く

ウワサの奇妙礼太郎がリアルサウンド初登場 破格の“ボーカル力”のルーツを語る

ウワサの奇妙礼太郎がリアルサウンド初登場 破格の“ボーカル力”のルーツを語る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版