『天国と地獄』に続き、柄本佑に思わず肩入れ 『わたとな』で不憫に見える好演

“柄本佑劇場”に思わず肩入れ

 とある漫画家夫婦の心理戦を描いた映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(以下、『わたとな』)にて、黒木華とともにダブル主演を務めている柄本佑。彼の姿を見ていると、冷や汗が額を伝い、どうにもお腹が痛くなってくる。ダブル主演作ではあるが、物語の舵切りは黒木が、フィジカルをともなって実際に動き回って展開させていくのは柄本が担っている印象だ。

 本作は、『嘘を愛する女』(2018年)や『哀愁しんでれら』(2021年)、この秋に封切りとなるムロツヨシ初主演作『マイ・ダディ』など、次々と良質な作品を生み出すオリジナル映画の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」において、2018年度の準グランプリを獲得した企画を映画化したもの。これまでの企画に高橋一生や長澤まさみ、田中圭に土屋太鳳らが参加してきたことから分かるように、エンタメ界の第一線に立つ者たちが各作品の看板を背負ってきた。それが今作は、黒木華と柄本佑というわけだ。“作家性”を重視した企画に、大の映画ファンとして知られる柄本が参加するとなれば、これは観ないわけにはいかないだろう。

 そんな『わたとな』で柄本が演じているのは、漫画家である妻・佐和子(黒木華)に隠れ、彼女の担当編集者・千佳(奈緒)と不倫をしている夫の俊夫。彼は佐和子にバレていないつもりであったが、ある日、彼女が新作漫画のテーマを「不倫」にするというのを耳にし、それから冷や汗まみれの日々が始まることとなる。佐和子の描くネームには、自分たちソックリな設定の人物たちが登場。夫が不倫をする瞬間も、バッチリ描かれている。しかも物語は、妻が自動車学校の教官と恋に落ちていく展開にーー。佐和子の復讐劇とも思えるこの行動に、俊夫は恐怖しながらも嫉妬心を燃え上がらせていくのだ。

 この俊夫という人物、そもそもこの男が悪いはずなのは承知の上で、見ているとどうにも肩入れしてしまう。筆者だけではないのではないだろうか。物語は俊夫の視点で語られていくため、妻の復讐に彼が精神的に追い詰められていくさまは、いささか“被害者然”としたもので嫌気がさすものの、その慌てふためきっぷりには見ていて不安を掻き立てられる。彼の心情が、見ているこちらにありありと伝わってくるのだ。黒木が感情にフタをしたようなミステリアスな演技に徹していることも手伝って、それに翻弄される柄本の演技がより際立っている。逆のことをいえば、フィジカルをともなった彼の演技があるからこそ、ミステリアスな黒木の佇まいも際立っているのだと思う。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる