村上虹郎の全身から滲み出る気迫と悲哀 キャリア反映された『孤狼の血 LEVEL2』チンタ役

村上虹郎のキャリア反映された『孤狼の血』

 日本のエンタメシーンの最前線に立つ強者たちがハードにぶつかり合う『孤狼の血 LEVEL2』にて、獅子奮迅の活躍を果たしている村上虹郎。彼のその健闘ぶりは、涙なしには見られない。本作の主演は松坂桃李だが、共演者の村上にとっても間違いなく、本作は彼の代表作の一つになったのではないだろうか。

 本作で村上が演じている通称チンタは、とても重要なキャラクターだ。本作『孤狼の血 LEVEL2』は、2018年公開の『孤狼の血』の続編。男たちの壮絶な生きざまがスクリーン上に炸裂する作品が、3年の時を経てスケールアップして帰ってきたのだ。そうなるとどうしても気になるのが、俳優たちの並び。前作は主演の役所広司を筆頭に、滝藤賢一、石橋蓮司、竹野内豊、江口洋介……といった、隅から隅まで強力な布陣で固められたものだった。対する今作はというと、鈴木亮平、吉田鋼太郎、中村梅雀、寺島進、斎藤工、早乙女太一といった、「続編」に相応しい顔が並んでいる。ここに村上も名を連ねているのだ。

 チンタはメインの登場人物たちの中でも、年少のキャラクター。あどけなさの残る性質は、男臭い物語に柔らかさを与えている印象がある。それに彼は、ヤクザとヤクザが、そしてヤクザと警察組織がしのぎを削る本作において、ヤクザでも、警察でもない。主人公の日岡(松坂桃李)を兄のように慕うチンタは、“とある報酬”と引き換えに日岡の指示で、危険な連中が集まる上林組にスパイとして潜り込んでいるのだ。繰り返すようにチンタは、ヤクザでも警察でもない。彼らの生態系にフォーカスする本作において、ある種チンタは“何者でもない”のだ。これが本作の要でもある。スパイとはいえ、前作における日岡の立ち位置とはまるで異なっているのだ。

 純朴な少年が、“とある報酬”のために危険を冒し、犯罪の片棒を担いでいくーーなんとも悲しい物語である。舞台である広島の街の秩序を維持すべく、乱暴なやり方でヤクザと警察のタイトロープとして奮闘する日岡はもちろんのこと、彼と対峙するモンスター級に危険な上林(鈴木亮平)だけでなく、チンタもまた一人の主人公に思える。スパイであることによって板挟みになり、自身のアイデンティティに葛藤し、やがて“ある行動”にまで出るさまは、もう一人の主人公的な側面があるのだ。彼に肩入れし、幸せになることを祈ったのは筆者だけではないだろう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる