『TOKYO MER』次は山岳救助! 喜多見率いるチームが示す理想的な関係性

『TOKYO MER』次は山岳救助!

 ひとくちに東京と言ってもかなり広い。島しょ部をのぞいて東西約90キロで、高低差も2000メートルを超える。「山の日」に放送された『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)第6話は、山岳救助に向かった先で父と子の絆を確かめる内容となった。

 喜多見(鈴木亮平)の機転で大物政治家の点数稼ぎに貢献し、当面の存続が決まったMER。白金厚労大臣(渡辺真起子)は、MERの自滅を狙ってメンバーを分断しようとする。「あのチームは喜多見が全て」という白金の言葉を受けて、音羽(賀来賢人)も「喜多見チーフという規格外の存在がいるから、上手く行っているだけですよ」、「他のメンバーだけでは何もできませんよ。我々は喜多見チーフのように特殊な人間ではないですから」と言葉を継ぐ。

 強いチームはリーダーが強いから強くなるのか? それとも何か他に理由があるのか。第6話では、奥多摩の山中で小学生18人が遭難。周辺には医療機関がなく予防事案としてMERに出動要請が寄せられる。子どもたちは10時に入山し、11時48分に連絡が途絶えていた。児童のリストに目を通していた冬木(小手伸也)の顔色が変わる。そこには別居中の息子・壮太(潤浩)の名前があった。

 喜多見は危機管理対策室の命令を無視し、チームを3つに分ける。白金たちの意図を知る音羽は、自ら敵の術中にはまりに行くかのような喜多見に反対するが、喜多見は意に介さず山中へ向かうことに。「俺は音羽先生やみんなを信じてます」という喜多見の言葉に戸惑いを隠せない音羽。結果的に比奈(中条あやみ)も音羽もそれぞれが的確な判断を下し、連携を取り合うことで児童全員を救出することに成功した。

 メンバーを信じた喜多見の読みが当たった形になったが、ひょっとすると喜多見はこうなることを見越していたのではないか。最悪の場合、自分が駆け付けて救助するが、そうなる前にメンバーがそれぞれの特技を生かして、適切に対応するはずだと。実際、これまでの経験を通じて音羽や比奈、また看護師の夏梅(菜々緒)、ミン(フォンチー)、そして臨床工学技士の徳丸(佐野勇斗)は現場を任せられるだけの力をつけており、喜多見は各自の力量を正確に把握していた。

 唯一誤算があったとすれば、遭難した児童の中に壮太がいたことで、実父の冬木は息子を救うために危険を冒して無茶をする可能性がある。案に違わず、壮太を追って冬木は単独行動に出るが……。天候の急変や地形、動物との遭遇、山には危険が付き物である。18人もの児童がコースアウトしてしまった要因はスズメバチの襲撃。ちなみに毎年平均で20人以上がスズメバチに刺されて死亡しているので注意が必要だ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる