岸井ゆきのが息子に伝えた「ただいま」 『#家族募集します』で積み重ねる“助け合う時間”

生きづらさを変えていく『#家族募集します』

 人には自分では抜くことのできないガスがあるようだ。誰かに伝えるために文字にしたり、歌にしたり……きっと時間をかければ、その思いを何かしらの形としてアウトプットし、昇華することができるかもしれない。でも、育児はノンストップ。一度スタートしたらリセットすることはもちろん、なかなか立ち止まることができない。それがワンオペならばなおさらだ。

 気を抜くきっかけをつかめずに、まるで風船のようにパンパンに膨らんでしまったモヤモヤ。その思いは、きっと誰かがそっとハグしてくれたらシューッと抜けるものなのかもしれない。物理的にも、精神的にも、きっと私たちはお互いをハグしながら生きていける。『#家族募集します』(TBS系)の第2話は、そんな優しさに包まれた回だった。

 シングルファーザーの俊平(重岡大毅)とシングルマザーの礼(木村文乃)、そして温かな家族に憧れている蒼介(仲野太賀)は、いきなりひとつ屋根の下で暮らすことはためらいながらも、お互いのピンチに駆けつける仲間のような絆が芽生えつつあった。

 そんななかSNSの「#家族募集」を見て、お好み焼き屋『にじや』へとやってきたシングルマザーの横瀬めいく(岸井ゆきの)と、その息子の大地(三浦綺羅)。ギターケースを背負い、シンガーソングライターを目指しているというめいくは、誰にも迷惑をかけまいと奮闘してきた俊平や礼とはまったく違うタイプだ。

 つかみどころのないマイペースなめいくの言動に落ち着かない様子の蒼介。すぐさま「ピンチだ!」と俊平と礼は招集をかける。さっそく、俊平の息子・陽(佐藤遙灯)と、礼の娘・雫(宮崎莉里沙)と共に食事や読み聞かせをしていると、めいくから「自分がいなくなっても大地が寂しくないのでは」という笑えない冗談まで飛び出し、蒼介はイライラを隠しきれない。

 翌日、そんな蒼介の神経をさらに逆なでするように、めいくが大地を残して何時間も帰らない。いつも明るくおおらかな蒼介が、「子どもを捨てたのではないか」と大騒ぎして怒りをあらわにする理由。それは、めいくが蒼介の母親に似ているためだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる