田中泯だからこそ到達できた次元 舞台『村のドン・キホーテ』で客席まで伝播した“オドリ”

田中泯だからこそ到達できた次元 舞台『村のドン・キホーテ』で客席まで伝播した“オドリ”

 先に、本作において“セリフというものは存在しない”と述べたが、それは一般的な会話に発展しないだけであって、言語そのものは登場する。その言語演出を務めているのが編集工学者の松岡正剛だ。泯さんの弟子にあたる石原淋が演じる“女”は、“音”としてのコトバを発し、これを自身の身体表現にのせた。この“女”が口にした、ひとつの“セリフのようなもの”が印象に残っている。それは、「簡単に驚くことは、捨てることらしい」というもの。筆者はこれを、あの空間にいた自分に重ねた。つまり、いま目の前で起きているもの(『村のドン・キホーテ』という作品、あるいは演者たちの身体表現)に対し驚いているということは、それ以前の自分を捨て去ることではないのかと思ったのだ。舞台上での“オドリ”を見ているうちに、いつの間にか自分も踊り、そうすることによって、“踊っていなかった自分”を無意識のうちに捨てることで変化しているのではないのかと。

 もちろんこれは、観客それぞれの捉え方によって違う意味を持つコトバなのだろう。そもそも、“ボディーランゲージ”というものがあるくらいなのだから、身体の細かな動きもまた言語であり、ときにそれは、私たちの口から発されるものよりも雄弁に物語ることがある。村人役に扮する者たちは顔に“面”つけていたが、各人の顔が持つ固有性が失われることによって、これまたより身体が際立っているように思えた。

 この公演を観る(体験する)直前、いずれ公開されるであろう犬童一心監督による泯さんのドキュメンタリー映画『名付けようのない踊り』を拝見する機会があった。そこには「ダンサー」としての泯さん、「俳優」としての泯さん、そして、「生活者」としての泯さんの姿が収められている。泯さんは1985年より山村へと移り住み、農業を営んでいる人でもある。おそらく多くのダンサーは、踊るために身体づくりをするものだと思うが、彼の場合は違う。農業によって培われた身体で踊るのだ。農作物とともに培われる身体ーー彼の身体表現の礎は、農業(=自然)なのである。ちなみに本公演のPV制作は、犬童監督らが担当している。

『村のドン・キホーテ』Yo! Don Quixote 空間演出:田中泯 言語演出:松岡正剛

 この『名付けようのない踊り』を観たことで、泯さんのフィロソフィーの深部に触れることができ、そのうえで『村のドン・キホーテ』を観たからこそ、特別な“体験”になったのではないかとも思う。本作にも泯さんの日常が反映されているのだ。それはまるで、田畑を耕すような“オドリ(動作)”として取り入れられていた。幸福な機会を得られたと思う。自然や社会、周囲の環境から影響を受けた身体での“オドリ”を志向する泯さん。『ドン・キホーテ』という世界的な名作を扱いながらも、彼にしかできない表現で、彼だからこそ到達できる次元の作品になっていたと思う。松岡正剛は「ミン・キホーテが出現することになった」とコメントしている。まさにそうだ。練り上げられた身体と言語とによって実現した、唯一無二の『ドン・キホーテ』だった。

■折田侑駿
1990年生まれ。文筆家。主な守備範囲は、映画、演劇、俳優、服飾、酒場など。最も好きな監督は増村保造。Twitter

■公演情報
『村のドン・キホーテ』Yo! Don Quixote
空間演出:田中泯
言語演出:松岡正剛
出演:田中泯、石原淋、續木淳平、手打隆盛、高橋眞大、野中浩一、藤田龍平、山本亮介、ウチダリナ、迫竜樹、林岳
チェロ演奏:四家卯大、佐々木恵、友田唱、平間至
企画制作:東京芸術劇場
会場:東京芸術劇場プレイハウス
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場・アーツカウンシル東京/東京都 
公演ページ:https://www.geigeki.jp/performance/theater262/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる