戸田恵梨香、有村架純、松本穂香、徳永えり……時代を席巻する「フラーム」の女優たち

戸田恵梨香、有村架純、松本穂香、徳永えり……時代を席巻する「フラーム」の女優たち

 戸田恵梨香、有村架純、松本穂香ーー現在、映画・ドラマ界を席巻する彼女たちは、同じ「フラーム」という事務所に所属する女優たちだ。決して多くはない人数で構成されたこの芸能事務所は、さしあたり、“女優の精鋭部隊”と呼べるものだろう。

 この「フラーム」を牽引するのは、やはり戸田と有村のツートップではないだろうか。両者ともここ数年、出演する作品ではことごとく主役級のポジションを得ている。公開中の『あの日のオルガン』で、逞しさと脆さを同居させた女性を演じている戸田は、大ヒットシリーズ『コード・ブルー』(フジテレビ系)の、満を持しての劇場版での好演も記憶に新しい。思い返せば彼女はこのほかに、『LIAR GAME』(フジテレビ系)や『SPEC』(TBS系)などのシリーズで主演。数々の“シリーズもの”で大役を務めている。シリーズ化に際し、作品自体が優れているというのは大前提だが、それを支え、また同時にその顔ともなるような存在が必要である。戸田とはまさに、そんな存在なのだ。

(c)2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

 有村も、いまや見かけぬ日はないほどの活躍ぶりである。彼女が若手世代の中でも抜きん出た存在であることは、その出演作を並べてみれば明らかだ。昨年は『コーヒーが冷めないうちに』と『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』の2作品、そして今年はすでに『フォルトゥナの瞳』が公開されている。いずれも演じるのはヒロインだが、過去や秘密を抱えるものから、若くして未亡人となった女性の奮闘記まで、その振れ幅は目を見張るものがある。一筋縄ではいかないヒロイン像に、絶えずトライしているのだ。

(c)2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

 また、戸田と有村には、“NHKの朝ドラヒロイン”という共通項がある。戸田はこの2019年後期放送の『スカーレット』で、そして有村は2017年の『ひよっこ』でヒロインを務め、現在はその続編『ひよっこ2』が放送中だ。異例ともいえる朝ドラのシリーズ化に、有村もまた、戸田と同じような素質を持っていることがうかがえる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ