>  >  > 『光と血』ティザービジュアル&特報公開

藤井道人監督作『光と血』6月より公開へ 「生き辛い“今”にどう光を見出すか」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 藤井道人監督作『光と血』 が、6月3日より公開されることが決定し、あわせてティザービジュアルと特報が公開された。

20170126-innocentofblood.jpg『光と血』ティザービジュアル

 本作は、『オー!ファーザー』『7s/セブンス』の藤井監督が、長年撮りたかったテーマを自主映画体制で手がけた喪失と再生の物語。被害者になった者と加害者になった者、大切なものを失った人たちの運命が絡み合い、交差し始める模様を描く。

 このたび公開されたティザービジュアルは、「なぜ私たちは、失わなければならなかったのかー」というキャッチコピーとともに、鋭い表情の打越梨子と、喪失感漂う世良佑樹が捉えられている。

 一方の特報には、いじめらっれ子を守る女子高生、3年間の交際を経て恋人と婚約した青年、被災地にボランティアへ通う姉弟たちが、幸せそうな日々を過ごしているシーンから一変、何者かによるレイプ、無差別連続殺人事件、交通事故など予期せぬ悲劇に巻き込まれていく様子が収められている。

『光と血』特報

監督コメント

当初本作は『無辜の血』というタイトルで制作が始まりました。無辜とは、“罪のない人”という意味です。
テレビでドキュメンタリーを見ていた時に、戦場ジャーナリストの方が使っていた言葉です。罪のない人々から流れる血…。当時、僕は感覚的に「今これが撮りたい!」と強く感じたことを覚えています。
制作過程の中で、本作が持つ“光”の部分にフォーカスした作品になっていき、タイトルも『光と血』という名前に変わっていきました。
人々が生き辛い“今”にどう光を見出すか、その深部に強く刺さるような力強い作品を目指して作りました。

■公開情報
『光と血』
6月3日(土)より、新宿武蔵野館ほか順次全国公開
出演:世良佑樹、打越梨子、小林夏子、裕樹、出原美佳、南部映次、しいたけを、野沢ハモン、坂井裕美、前林恒平、風間晋之介
監督:藤井道人
プロデューサー:アレクサンドル・バルトロ、久那斗ひろ、牛山裕樹、藤井道人
脚本:小寺和久、藤井道人
撮影:今村圭佑
音楽:堤裕介
制作:田原イサヲ
製作協力:GREEN FOUNDING
制作プロダクション:BABEL LABEL、WEDOVIDEO
配給:BABEL LABEL、エムエフピクチャーズ
113分/カラー/2017/シネマスコープ
(c)2017 BABEL LABEL
公式サイト:https://www.facebook.com/hikaritochimovie/

「藤井道人監督作『光と血』6月より公開へ 「生き辛い“今”にどう光を見出すか」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版