浪川大輔、下野紘、岡本信彦が臨場感たっぷりに怖い話を語る リーミュ第4弾『池袋ナイトアウルテールズ2』レポ

『池袋ナイトアウルテールズ2』レポ

 声優・浪川大輔を館長に迎え、講談社、星海社、エイベックス・ピクチャーズが一体となって織りなす、新感覚朗読劇プロジェクト・READING MUSEUMの公演『池袋ナイトアウルテールズ2』が、7月24日(土)に都内会場にて開催された。


 本作はシリーズ第1弾の続編で、舞台は同じく池袋の片隅にあるBAR「ナイトアウル」。怪しげな雰囲気漂うピアノの演奏が始まると、浪川大輔演じる「マスター」が登場。観客から温かい拍手で迎えられたマスターは、初めて訪れた客のために、ここはお酒と一緒に池袋にまつわる怖い話や不思議な話を楽しめる一風変わった店だと説明する。

 第一話は人に見えないものが視えてしまった「視線」の話。マスターの間の取り方、抑揚のある語り口調に情景がそのまま浮かび上がってくるようだ。カウンターに座っていた岡本信彦演じる客も、マスターの話を興味深そうに聞き込む。2人は気が合ったのか、ナイトアウルに置かれている電子ピアノの話で花を咲かせるシーンも。そしてマスターの口から、その電子ピアノにまつわる第二話「演奏」の話、さらに高校生時代に体験した第三話「蜜の味」へ。ピアノの生演奏、落ち着いた色合いのライティングも加わり、ナイトアウル独特の雰囲気が漂った。

 不思議な空間かつ居心地の良いナウトアウルが気に入った客は、マスターに店員を募集しないのか?と質問。怪談やお酒が好きで話し上手で、しかも声もいいバーテンダー……そこまで贅沢は言わないけれどこの店を気に入ってくれる人が来てくれたら……と話すマスターに「俺とか、どうですか?」と笑顔で名乗り出るのだった。

 場面は変わり、別の日のBAR「ナイトアウル」。マスターとカウンターに座っている下野紘演じる客。怖い話が苦手な様子で、マスターは第四話「着信」を話し始めるが、結末が予想以上の怖さだったのか大きな叫び声をあげる。続いて、東池袋中央公園のマンホールにまつわる第五話「未練」の話が披露されると、マスターはさら、繰り返し見る夢があると自分の経験談を話し始める。夢で自分は誰かを待っていたような気がすると、その“誰か”が気になっている様子。マスターは夢は何かの予兆だと意味深な言葉を残した。

 “誰か”が素敵な女性だったら良いな〜と話す客は、これから待ち合わせをしている女性に胸を焦がす。その女性はこのBARでバーテンダーとして働き始めたそうだが、マスターは身に覚えがない。そこへ、岡本演じる、新人バーテンダーの鳴海が登場。よく話を聞いてみると、その客はナルミを下の名前だと勘違いしていたとのこと。初対面なはずなのに、お互いにどこかで会ったような気がする鳴海と「待鳥」と名乗る客。2人の出会いを歓迎するかのように、ピアノの生演奏も雰囲気が変わり、明るい音色が響き渡った。

 アフタートークでは浪川、岡本、下野が再び登場。続編の内容はまさかの“前日談”ということで、前回の第1弾との違いについて話が盛り上がる3人。「下野さんのヘタレの叫び声が世界を救う」と話す岡本に下野は笑顔を浮かべたり、前回とは違って今回はしっかりと語り部を担当した浪川は「朗読として難しかった」と改めてその難しさを肌身で感じたとのこと。

 最後の挨拶で下野は、待鳥を演じることに嬉しさを伝えつつ、待鳥と鳴海の関係がこれからどうなるのか楽しみだとコメント。岡本は下野と役柄が入れ替わる第2部に期待を膨らませながらも、待鳥が話す怪談話は、実は自身が体験したエピソードだと暴露し会場を驚かせた。残りの公演も楽しんでほしいとコメントを残し、不思議な空間を堪能できるBAR「ナイトアウル」は閉店となった。

 大好評を博した前公演、READING MUSEUM『デッドロックド・ディティクティヴズ~百万探偵都市の史上最悪密室~』は、10月22日にBlu-ray&DVDが発売されることが決定。本公演はアフタートーク含め、現在も視聴可能だ。また、7月25日(日)の公演では、マスター役の浪川大輔に加えて松岡禎丞と内田雄馬をゲストに迎え、24日の公演とはまた違ったナイトアウルでの物語を楽しめる予定。詳細は本公演公式サイト(https://reading-museum.com/lineup/ikebukuro-nightowltales2.php)にて。

■関連情報
<公式サイト>
【池袋ナイトアウルテールズ2】 
https://reading-museum.com/news/detail.php?id=1091441

【デッドロックドBlu-ray&DVD】
https://reading-museum.com/bddvd/detail.php?id=1018506

<公式Twitter>  
@READING_MUSEUM 
© 池袋ナイトアウルテールズ2/ READING MUSEUM
© デッドロックド/ READING MUSEUM



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「イベント」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる