『クレイジージャーニー』で話題! 『奇界遺産』7年ぶり続編は軍艦島、北朝鮮のマスゲーム、アメリカのバーニング・マンを収録

『奇界遺産』シリーズ、7年ぶりの続編

 『王様のブランチ』や『クレイジージャーニー』(ともにTBS)で特集され話題となった『奇界遺産』シリーズ、7年ぶりの続編となる『奇界遺産3』が、5月19日にエクスナレッジより発売された。

 2010年に刊行され、現在も版を重ねるヒット作『奇界遺産』シリーズ。イラストには大友克洋の名作『AKIRA』をフィーチャーした今作は、北朝鮮のマスゲーム、アメリカのバーニング・マン、北極の少数民族ネネツ、日本の軍艦島をはじめ、幅広いジャンルの世界各地の奇妙な文化を収録している。

佐藤健寿『奇界遺産3』(エクスナレッジ)
佐藤健寿『奇界遺産3』(エクスナレッジ)
佐藤健寿『奇界遺産3』(エクスナレッジ)
佐藤健寿『奇界遺産3』(エクスナレッジ)
佐藤健寿『奇界遺産3』(エクスナレッジ)
佐藤健寿『奇界遺産3』(エクスナレッジ)
佐藤健寿『奇界遺産3』(エクスナレッジ)
210520_kikai03
210520_kikai04
210520_kikai05
210520_kikai06
210520_kikai07
210520_kikai08
210520_kikai02
previous arrow
next arrow
210520_kikai03
210520_kikai04
210520_kikai05
210520_kikai06
210520_kikai07
210520_kikai08
210520_kikai02
previous arrow
next arrow

■掲載されている奇界遺産抜粋
・ポップでダークな「桃源郷」(北朝鮮)、・緑に飲み込まれた漁村(中国)
・「廃墟の王」(日本)、「世界の果て」の遊牧民族(ロシア)
・泥に埋もれた村(インドネシア)、・砂漠に出現する「架空の街」(アメリカ)
・劇的人工絶景世界(中国)、・珍建築一帯一路(中国)、・囚人の古代予想図(キューバ)
・「地獄の扉」(エチオピア)、・大富豪の奇想の庭園(メキシコ)
・世界一怖いモーテル(アメリカ)、・国家公認「超能力者」育成学校(ロシア)
・革命的盛り上げ装置(台湾)、・ディストピア装置(キューバ)
・異次元オペラ(北朝鮮)、・人類最古の葬礼(インドネシア)、・エキゾチック来訪神(日本)
・死者を担ぐ奇祭(マダガスカル )、・奇妙な精霊(パプア・ニューギニア)
・人類保管計画(ベネズエラ)、・幽霊の教会(チェコ )、・20世紀最大の怪物(イギリス)ほか

■著者:佐藤健寿(さとう・けんじ)プロフィール
フォトグラファー。世界各地の”奇妙なもの”を対象に、博物学的・美学的視点から撮影・執筆。写真集『奇界遺産』『奇界遺産2』をはじめ、著書に『世界の廃墟』など多数。近刊は米デジタルグローブ社と共同制作した、日本初の人工衛星写真集『SATELLITE』、『TRANSIT 佐藤健寿特別編集号~美しき世界の不思議~』、『世界不思議地図 THE WONDER MAPS』など。テレビ朝日『タモリ倶楽部』やTBS系『クレイジージャーニー』など出演多数。

■書誌情報
『奇界遺産3』
著者:佐藤健寿
出版社:エクスナレッジ
定価:4,180円(本体3,800円+税)



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる