乃木坂46 賀喜遥香、次期エースとなるか? グラビアで見せた、親しみやすい魅力

乃木坂46 賀喜遥香、次期エースとなるか? グラビアで見せた、親しみやすい魅力

 乃木坂46の賀喜遥香が1月13日に発売された『週刊少年マガジン』7号の表紙&巻頭グラビアに登場。1月27日に発売される26枚目シングル『僕は僕を好きになる』の発売を目前に、12Pの巻頭グラビアを飾っている。

4期生のエース・賀喜遥香

 賀喜遥香は乃木坂46の4期生メンバーで、次期エースとしての呼び名も高い逸材だ。2019年9月に発売された24枚目のシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』で初の選抜メンバー、およびフロントメンバーに抜擢され、バラエティ、グラビアでも頭角を表している。昨年3月に発売された25枚目シングル『しあわせの保護色』に収録されている4期生メンバーによる楽曲『I see…』ではセンターを務め、6月に発売された雑誌『B.L.T.』では初の単独表紙を飾り、11月に放送された中条あやみ主演のよるドラ「閻魔堂沙羅の推理奇譚」で単独ゲスト出演を果たすなど、経歴を見るだけで分かる通り、着々とエースとしての階段を登っている。

 可愛いルックスに加え、多彩な特技を持つのも彼女の魅力だ。乃木坂46の冠番組などで、メンバーや番組MCのバナナマンの似顔絵のほか、自作のイラストをたびたび披露しているが、その実力は驚くほどにハイクオリティ。昨年11月には、公式TikTokで人気アニメ『鬼滅の刃』のキャラクターである竈門炭治郎、竈門禰豆子、我妻善逸のイラストを下書きなく見事に完成させ話題となった。また、プロフィールには栃木県出身とあるものの、10歳まで大阪府に住んでいたことから、栃木弁と大阪弁の両方を話せるのも特徴だ。この多彩な特技は、今後さまざまな仕事に繋がるのではないだろうか。乃木坂46の次期エースとしても、彼女自身としても未来に注目したい存在だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「写真集」の最新記事

もっとみる