『HUNTER×HUNTER』屈指の名バトル「ヒソカ対クロロ戦」を徹底考察 ふたりの勝敗を分けたのは?

『HUNTER×HUNTER』屈指の名バトル「ヒソカ対クロロ戦」を徹底考察 ふたりの勝敗を分けたのは?
『HUNTER×HUNTER』(36巻)

 『HUNTER×HUNTER』の連載再開を心待ちにしていた2020年であるが、その夢は叶わなかった。そこで2021年の連載再開の祈願の意を込めて、コミックスを読み直していると、ふと気になることがあった。それは第34巻に収録された天空闘技場でのヒソカ対クロロ戦だ。

 ヒソカとクロロという作品内でも屈指の強者二人による、どちらかが死ぬまで続く真剣勝負。複数の念能力による戦術と心理戦が複雑に入り乱れ、一読しただけでは理解不能とまで言われるこの戦いは、2016年の連載当時からファンの間でシリーズ随一の名勝負と称され、話題になった。

 その一方で、この戦いはいまなおある議論を呼んでいる。それはこの戦いは実はヒソカとクロロの一対一ではなく、クロロ側に幻影旅団のメンバーが加勢していたのではないか、という議論。それについて作者の冨樫義博および編集部から公式な見解は出されていない。

 これから先は、あくまでいち『HUNTER×HUNTER』ファンの推測と妄想である。ご理解いただいたうえ、読み進めていただくと幸いだ。

※本稿はJUMP COMICS『HUNTER×HUNTER』34巻を既読であることを前提として、各能力の詳細な説明などは省く。本文中に出るページ番号も同単行本に準じる。

 さて、まずはこの一戦の鍵となるクロロの念能力の条件と戦いの流れを整理したい。

 クロロは戦いを始めるにあたり、本来の能力【盗賊の極意】とそれに付属する【栞のテーマ】を含めて、以下の7つを使うとヒソカに宣言する。

 【盗賊の極意(スキルハンター)】

 他人の念能力を盗み、自分の能力として使うことができる能力。使用の際には右手で盗んだ能力を収めた本を開き、ページを開いておく必要がある。

【栞のテーマ(ダブルフェイス)】

【盗賊の極意】に付属する能力で、本を閉じても栞をはさんだページの能力を維持できる。栞の枚数は一枚。

【携帯する他人の運命(ブラックボイス)】

アンテナを刺した相手を、携帯電話で命令通り動かせる能力。

【神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)】

左手で触った物体のコピーが右手から出てくる能力。ただし生き物や念能力で作られた物はコピーできない。

【番いの破壊者(サンアンドムーン)】 

左手で太陽の刻印を、右手で月の刻印を相手につけることができる。太陽と月の刻印が触れると爆発する。この能力は死後強まる念の性質をもち、一度刻印すると爆発するまで刻印が消えない。

【人間の証明(オーダースタンプ)】

スタンプを押した“人形”を操作することができる。

【転校生(コンバートハンズ)】

右手で触れると相手が自分の姿になり、左手で触ると自分が相手の姿になる。両手で触れれば、自分と相手の姿が入れ替わる。

【栞のテーマ】は【盗賊の極意】に付属する能力で、盗んだ能力には含まれない。これにより、これまで左手と盗んだ能力1つ(【盗賊の極意】の本で開かれているページの能力)しか使えなかったクロロは、

・両手と、盗んだ能力1つ(【栞】が挟まれているページ)が使える

・左手と、盗んだ能力2つ(右手で【盗賊の極意】の開いているページの能力と【栞】が挟まれているページの能力)が使える

という2つの状態が選べるようになった。ヒソカに、ここまで自分の手の内をあかす理由を問われたクロロは「ただの殺し合いだからこそ闘い方は大事だろう?」(P22)と答える。しかし実はその一方で情報を恣意的に明かすことで、ヒソカに能力を誤解させるという目論見もあったようだ。特に【番いの破壊者】の説明の太字の部分は、戦いを左右する重要な要素だが、クロロによる事前の能力の説明では、言い回しを変えていたため、ヒソカは当初気が付かなかった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「書評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる