香川・南野を指揮したユルゲン・クロップの戦術を探る『組織的カオスフットボール教典』

香川・南野を指揮したユルゲン・クロップの戦術を探る『組織的カオスフットボール教典』

 昨季圧倒的な強さで優勝を飾ったリヴァプールの戦術に迫る『組織的カオスフットボール教典 ユルゲン・クロップが企てる攪乱と破壊』が、12月14日にカンゼンより発売される。

 本書は、スカウトおよび対戦相手の分析担当者として豊富な経験を有し、スコットランドのプロクラブでスタッフを歴任したリー・スコットが、リヴァプール監督のユルゲン・クロップの戦術に注目し分析した1冊。

 クロップは、ドイツ・ドルトムント監督時代に香川真司選手を獲得しスターダムに押し上げ、リヴァプールでも南野拓実選手を獲得するなど、日本での注目度も高い監督だ。

 本書ではそんなクロップがリヴァプールに落とし込んだ、意図的にカオスを作り上げる組織的な戦略を「組織的カオス」と呼び分析。また、クロップの代名詞だったプレッシングにも変化が生じ、より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしているという。そのほか、最新のクロップ戦術が本書で徹底的に解読されている。

 なお本書には、サッカーアナリストである庄司悟による「ユルゲン・クロップ戦術進化論」も特別収録されている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■著者:リー・スコット(Lee Scott)プロフィール
スカウトおよび対戦相手の分析担当者として豊富な経験を有し、スコットランドのプロクラブでスタッフを歴任。戦術分析ウェブサイト『Total Football Analysis』のリードアナリストでもあり、戦術コンセプトを分析して平易に説明することを得意としている。著書に『ポジショナルフットボール教典 ペップ・グアルディオラが実践する支配的ゲームモデル』(カンゼン)がある。

■書籍情報
『組織的カオスフットボール教典  ユルゲン・クロップが企てる攪乱と破壊』
著者:リー・スコット(Lee Scott)
監修:龍岡歩
翻訳:高野鉄平
出版社:カンゼン
価格:本体2,000円+税
http://www.kanzen.jp/book/b552163.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる