『ねずみくんのチョッキ』誕生45周年 横浜で初の大規模展覧会開幕

『ねずみくんのチョッキ』誕生45周年 横浜で初の大規模展覧会開幕

 世代を超えて愛される絵本『ねずみくんのチョッキ』誕生45周年を記念した展覧会「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」が横浜赤レンガ倉庫にて9月10日より開催されている。

 シリーズ累計400万部を超え、現在36巻まで続く人気作『ねずみくんのチョッキ』(1974年刊行)は、作家・なかえよしを、画家・上野紀子夫妻の共同作業によって生まれた。

 本展覧会では、シリーズ最新作を含む絵本原画、スケッチなど約150点を展示。また、上野が絵を手掛け、小学校の教科書にも掲載された『ちいちゃんのかげおくり』の原画や、シュルレアリスムの油絵「少女チコ」シリーズの作品なども展示し、上野の絵の世界を紹介する。

 名場面に入れるフォトスポットも設置されているほか、オリジナルの一冊を作ることができる『ねずみくんのスタンプ』を会場限定で発売するなど、参加型の展示も多い。

 さらに、展覧会限定アニメーションの放映や、展覧会限定グッズ&図録も充実している。

 また会期中、小学生以下の来場者を対象にねずみくんのチョッキと耳をプレゼント。ねずみくんになりきって展覧会を楽しむことができる。(※なくなり次第終了)

■なかえよしを・上野紀子について
「ねずみくんの絵本」シリーズは、夫で絵本作家のなかえよしをが構成を考え、上野紀子が絵を描くという二人三脚のスタイルで、45年間作り続けてきた。共通するテーマは「思いやり」と「ユーモア」。いまの時代を生きるこどもたちにとって、大切なものが描かれている。

■展覧会概要
[日時] 2020年9月10日~9月27日※会期中無休
[時間] 11:00-19:00(最終入場18:30) 最終日は17:00閉場
[会場] 横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
[料金] 当日券 一般1000円、高校生800円、小中学生500円
グッズ付入場券 一般1500円、高校生1300円、小中学生1000円
※未就学児は入場無料
※入場料は全て税込価格
※本展は日時指定制を導入しております。ローソンチケット(Lコード:35222)で事前のチケット購入をお願い致します。ただし、入場枠に空きがある場合、当日券を会場入口のチケット売場でも販売いたします。お気軽に会場にお越しください。
※障害者手帳をお持ちの方と介添えのための同伴者1名様は無料。入場の際に障害者手帳をご呈示ください。
※未就学児は入場無料。日時指定券や日時指定入場整理券は不要。

[主催] ねずみくんのチョッキ展実行委員会
[共催] 横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
[特別協力] ポプラ社
[問合せ] 03-5777-8600(ハローダイヤル)
[HP] https://www.poplar.co.jp/pr/nezumikun45th/exhibition/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「イベント」の最新記事

もっとみる