亀梨和也が表紙を飾る『小説 野性時代』9月号 第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞発表

亀梨和也が表紙を飾る『小説 野性時代』9月号 第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞発表

 KAT-TUNの亀梨和也が表紙を飾った、月刊文芸小説誌『小説 野性時代』2020年9月号(No.202)が、2020年8月17日にKADOKAWAより発売された。

 読切作品として、話題の作家・一木けいが本誌に初登場。また、重松清の掌編小説も収録されている。

 さらに今号では、第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞が発表。初のリモート開催となった選考会での選評と、受賞者の言葉を掲載する。

〇大賞 原浩(はら こう) 「火喰鳥」
〇読者賞 阿泉正宗(あずみ まさむね) 「くじりなきめ」
選評 綾辻行人/有栖川有栖/黒川博行/辻村深月/道尾秀介

 新刊インタビューには、『アンダードッグス』を刊行した長浦京が登場。デビュー2作目にして大藪春彦賞を受賞するなど、新時代のハードボイルドの書き手として人気を集める長浦。待望の4作目となる『アンダードッグス』は、1997年の香港を舞台に繰り広げられるコンゲーム小説となっている。

 連載作品としては、馳星周「月の王」、辻村深月「闇祓(やみはら)」が掲載。千早茜「ひきなみ」は今号で最終回となる。

■書誌情報
『小説 野性時代』第202号 2020年9月号
出版社:KADOKAWA
定価:本体800円+税
発売日:2020年8月17日
https://www.kadokawa.co.jp/product/322002000127/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる