『週刊文春』今年3度目となる完売へ 発行部数は52万3000部

『週刊文春』今年3度目となる完売へ 発行部数は52万3000部

 週刊誌『週刊文春 6月18日号』(文藝春秋社/6月11日発売)が、本日6月12日に完売となった。

 本号に掲載した「ウソの女帝 小池百合子と同居男『疑惑の錬金術』」「経産省最高幹部と幽霊法人電通社員・テキサス“癒着”旅行」などの記事が大きな反響を呼び、発行部数52万3000部が完売した。

 今年、完売となったのは相澤冬樹(大阪日日新聞記者)によるスクープ「妻は佐川元理財局長と国を提訴へ 森友自殺<財務省>職員遺書全文公開 『すべて佐川局長の指示です』」などが掲載された3月26日号(3月18日発売)、「黒川弘務検事長は接待賭けマージャン常習犯」などの記事が話題となった5月28日号(5月21日発売)。

■書籍情報
『週刊文春 6月18日号』(6月11日発売)
価格:440円(税込)
出版社:文藝春秋
公式サイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる