Jリーグは感染症によってどう変わる? 『フットボール批評』がJリーグの今後を特集

Jリーグは感染症によってどう変わる? 『フットボール批評』がJリーグの今後を特集

 『フットボール批評』issue28が、2020年6月8日にカンゼンより発売される。同誌はフットボール文化をより豊かにしていくために、ピッチ上の事象だけにこだわることなく、Jリーグを中心にクラブ経営、チームマネジメント、戦術、育成などを深く掘り下げていく季刊誌。

 今号では、「無観客劇場への覚悟はあるか」と題しJリーグの今後について特集している。無観客“劇場”としたのは、劇作家が発した「演劇は観客がいて初めて成り立つ芸術。スポーツイベントのように無観客で成り立つわけではない」とのコメントについて冷静に分析しようという試みから。

 第2特集では、フットボールに“型”は必要か。第3特集では「ミニ」フットボールの戦術批評を掲載。インタビューコーナーでは、Jリーグチェアマンの村井満が登場。さらに、Jリーグは感染症によってどう変わるのか、神戸大学感染症内科教授の岩田健太郎にも訊いた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■書誌情報
『フットボール批評issue28』
発行:カンゼン
発売日:2020年6月8日
価格:本体1,500円(税別)
https://note.com/kanzen/n/n247ad59b8436

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!