のん、小学館「おいしい小説文庫」初代アンバサダー就任「物語の中に出てくる食べ物には不思議な魅力がある」

のん、小学館「おいしい小説文庫」初代アンバサダー就任「物語の中に出てくる食べ物には不思議な魅力がある」

 小学館文庫の新レーベル「おいしい小説文庫」が6月5日に開始される。初代アンバサダーにのんが就任した。

 同レーベルは、レシピ、グルメ、レストランなど食に関する小説に特化し、3カ月に一度、3作品程度を刊行。創刊ラインナップには、連続ドラマ化された『鴨川食堂』シリーズの柏井壽も参加する。新人作家発掘に関しては「日本おいしい小説大賞」(第一回大賞『七度笑えば、恋の味』)と連動していく。

 「食」は至高の贅沢にもなりえるが、究極の日常行為でもある。おいしそうに料理を食べる人、自身で料理を作る人、グルメ情報に通じ発信力のある人……そうした有名人は多くいるが、アンバサダーに求められた姿は、日常としての「食」と関連して、「楽しさ」「ワクワク」「キラキラ」を表現できる人。かき氷にラーメン、オムライスから鉄板焼きまで、「おいしい小説文庫」では様々なテーマを扱う。そのいずれの「食」ともマッチすることが、のんのアンバサダー決定の後押しとなったという。

のんコメント

「映画『この世界の片隅に』に声優として参加させていただいて、食べる幸せを改めて実感しました。そして、物語の中に出てくる食べ物には不思議な魅力がある。食べた事のある料理でも、妙に美味しそうに思える。初代アンバサダーとして、食の楽しさを発信していけたらと思います」

創刊ラインナップ

『泣き終わったらごはんにしよう』(武内昌美・著/本体600円+税)
『氷と蜜』(佐久そるん・著/本体630円+税)
『鴨川食堂もてなし』(柏井壽・著/本体650円+税)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる