最強の整理術・バレットジャーナルの正しい使い方とは? 『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』で原点に立ち返る

最強の整理術・バレットジャーナルの正しい使い方とは? 『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』で原点に立ち返る

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出てからというもの、外出自粛の日々が続いている。仕事もテレワークが増え、普段とは違ったオペレーションでの対応を迫られる機会も増えた。そんな中、ノート術や手帳にまつわるコンテンツが以前よりも注目されていることに気がついた。ゆっくりと机に向かう時間が増えたことで新たなことに挑戦しようとしている人が増えたことや、新たな業務でタスク管理の重要性に気がついた人、スケジュールが大幅に変わり管理する必要が出てしまった人など、その要因は様々だろう。中でも“バレットジャーナル”が注目を浴びている。

 “バレットジャーナル”とはライダー・キャロルの考案した手帳術である。その運用の秘密や来歴は本人により『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』(ダイヤモンド社)として1冊の本にまとめられ、瞬く間に世界中で有名になった。このノート術はライダー自身が注意欠陥障害(ADD)で困っていた際に、日々の予定を管理し滞りなく遂行する方法を自ら考案しブラッシュアップを重ねた方法である。

 “バレットジャーナル”の運用方法はいたって簡単で「どんなノートでも良いので用意する」「インデックスを作る」「ラピッドロギング」で記述するなどすぐに始められることばかり。この「ラピッドロギング」と呼ばれる独特の記述方式も、手短に言えば様々な記号でわかりやすくした状態の“箇条書き”のようなもので、非常に簡単に取り入れることができる。こうした手軽さや、それぞれの環境に合わせてカスタマイズできる独自性が多くの人の生活を助けることとなり、バレットジャーナルはたちまち流行した。

 さらにこの手帳術が、今までの手帳術以上に関心を集める結果となったのが#bulletjournalなどのタグ検索先で出てくるような“独自性の追求”である。バレットジャーナルは、本書でもいくつか紹介されているように、各々が各々のライフスタイルにあったトピックを記述するページを作れる他、絵やデザインが得意な人はオリジナルのページを公開し、多くの人とシェアすることでよりノート術の世界を拡張できる。ライダーは自身が考案したオリジナルページだけではなく、こうして多くの人にもシェアを呼びかけ、バレットジャーナルの世界を拡張してきた。

 その結果として作者は本書のユーザーの実践事例のページで「バレットジャーナルのユーザーは、人種、信仰、大陸、産業の枠を超えて広がっている。こうした多様性があるからこそ、本書の限られた紙幅では説明できないさまざまな難題−多くの人に共通するものであれ、特殊なものであれ−を解決するうえで役に立つ」と述べている。

 アナログなノート術であるバレットジャーナルという存在が、オンラインでコミュニティを持ち、輪を広げていく様子はなかなか不思議な光景でもあった。多くの人が自身のノートをスマホの写真で撮影し、SNSにアップすることで情報をシェアしている。中にはiPadでバレットジャーナルを運用している者もいる。しかしライダーが提唱したバレットジャーナルのメリットは、あくまでも個々のライフスタイルに根ざした使い方でノート(ないしタスク管理)を運用すること。著者自身も思いがけずアナログとデジタルが融合し、より支持を集めるタスク管理術となった一例だろう。

 本書では数名のユーザーの実例の他、入門的なバレットジャーナルの実践方法や、実例を見つけるために必要なハッシュタグの紹介など、その日にすぐ試せる方法がたくさん紹介されている。ずっと気になっていたが、踏み出せずにいた人にとっては背中を押す1冊となることだろう。

 さらに実際に運用している人にとっては、今までオンラインでかき集めたバレットジャーナルに関する情報よりももっと核になる部分に踏み込める内容になっている。バレットジャーナルで重視されていることは、見た目が美しく整っていることではない。生活が整頓されていて、目的に向かって確かな道を歩めているのか、である。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「その他」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる