光文社新書『「家族の幸せ」の経済学』が「週刊ダイヤモンド 2019年ベスト経済書」第1位に

光文社新書『「家族の幸せ」の経済学』が「週刊ダイヤモンド 2019年ベスト経済書」第1位に

 『週刊ダイヤモンド』(12月23日発売)の第二特集、「経済学者・経営学者・エコノミスト107人が選んだ 2019年『ベスト経済書』」で、光文社新書『「家族の幸せ」の経済学』が第1位に選ばれた。全国主要大学の経済学者・経営学者および民間のエコノミストが選ぶランキングで、専門家にも高い評価を受けている。

 『「家族の幸せ」の経済学』は、家族の在り方の固定観念を排し事実を示す、あたらしい経済書だ。

「帝王切開をしたら落ち着きのない子に育つ」
「赤ちゃんには母乳がいちばん。愛情たっぷりで頭も良くなる」
「子供が3歳になるまではお母さんが付きっきりで子育てしないと駄目」

 このような、結婚、出産、育児などに関する間違いを、実証研究の結果に基づいて指摘する。各新聞での書評でも大々的に取り上げられ、11月には、広く社会と文化を考える独創的で優れた研究、評論活動を、著作を通じておこなった個人に対して贈られる「サントリー学芸賞」も受賞。そしてこの度、『週刊ダイヤモンド』の「経済学者・経営学者・エコノミスト107人が選んだ 2019年『ベスト経済書』」の第1位にも選ばれた。

著者・山口慎太郎コメント

本書で言いたかったことは、何が幸せかは個人によって違うが、自分の経験に縛られたり、他人の発言に振り回されたりすることなく、エビデンスに基づいて判断することが大切だということだ。
インターネット上で家族のライフステージに関わる話を書いてはいたが、まとめてはいなかった。そこに、編集者の方から、結婚、出産、子育てについて、家族に役立つ本を書かないかと声を掛けられたのが本書を執筆するに至った経緯だ。
書き始めて思ったことは、研究者にとっては常識でも、読者には興味深いものがあるということだ。
今度は、労働市場における男女差の問題について書いてみたいと考えている。賃金格差はどこから来ているのか。男女差に関する「固定観念から人々を解放する本」を書いてみたい。
(12月23日発売『週刊ダイヤモンド』インタビューより抜粋)

■著者 山口慎太郎(やまぐち・しんたろう)紹介
東京大学経済学部・政策評価研究教育センター教授。1999年慶應義塾大学商学部卒業。2001年同大学大学院商学研究科修士課程修了。2006年アメリカ・ウィスコンシン大学経済学博士(Ph.D)取得。カナダ・マクマスター大学助教授、准教授を経て、2017年より現職。専門は、結婚・出産・子育てなどを経済学的手法で研究する「家族の経済学」と、労働市場を分析する「労働経済学」。

■書籍概要
著者:山口慎太郎
発売:光文社
発売日:2019年7月19日
定価:820円(本体)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる