『AERA増刊 髙橋大輔 挑戦者の軌跡』緊急出版 蜷川実花撮影の秘蔵カットも掲載

『AERA増刊 髙橋大輔 挑戦者の軌跡』緊急出版 蜷川実花撮影の秘蔵カットも掲載

 ニュース週刊誌『AERA』は、1月10日に『AERA増刊 髙橋大輔 挑戦者の軌跡』を緊急発売する。今季限りで男子シングルから引退、アイスダンスに転向することを発表している髙橋。増刊では12月19日~22日の全日本選手権を徹底取材し、「男子シングル最後の舞」を完全ルポするほか、髙橋のこれまでを報道写真と記事、新たな取材で追いかけた。

  髙橋大輔の名前が初めて朝日新聞に登場したのは、2002年1月22日。北海道帯広市などで行われたスケート高校総体の男子シングルで、1年生の髙橋がショートプログラムで首位に立ったことを伝える記事だった。あれから約18年。バンクーバー五輪で日本フィギュア男子シングル初のメダリストとなった髙橋は、今季限りで男子シングルから引退し、2020年からはアイスダンスで22年北京五輪を目指すことを発表。12月19日から22日にかけて、東京・代々木で行われた全日本選手権で、「男子シングル最後の舞」を披露した。

 1月10日に緊急発売する『AERA増刊 髙橋大輔 挑戦者の軌跡』では、全日本選手権でのショートプログラム、フリースケーティングを完全ルポ。さらに、高校総体から3度の五輪、氷上で光源氏を演じた「氷艶」など、朝日新聞グループの媒体が掲載してきた髙橋大輔に関する主要な記事を経年で収録。10代の髙橋の美意識を「髪形七変化」と書いた記事や、バンクーバー五輪直前の浅田真央との対談、今年4月の単独インタビューも含まれている。

 写真も、8000枚を超えるストックの中から厳選。2002年、15歳で世界ジュニアを制した際のあどけなさの残る表情や、2007年のスケートアメリカで世界を驚かせたショートプログラム「白鳥の湖 ヒップホップバージョン」の決めポーズ、バンクーバー五輪のフリースケーティング「道」の始まりを目を閉じて待つ瞬間、2014年に一度引退した際の記者会見での母との2ショットなどを収録した。

 巻末のスペシャルグラビアには、『AERA』4月29日-5月6日合併号用に本誌表紙フォトグラファー蜷川実花が撮影した秘蔵写真の中から、未公開カット5点を掲載。透け感のある黒いチュールを使ったセットのなかで、自在に舞いながらカメラを見つめる髙橋の「挑戦者の視線」をとらえている。

■書誌情報
『AERA増刊 髙橋大輔 挑戦者の軌跡』
出版社:朝日新聞出版
発売日:2020年1月10日(金)
定価:1000円(本体)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる