『小説 孤独のグルメ 望郷篇』 10月4日(金)発売決定 リリー・フランキーのコメントも

 誰もが認める国民的食漫画『孤独のグルメ』が小説となって帰ってきた。

 漫画の世界観をそのまま踏襲するために、『週刊SPA!』初代担当編集者である壹岐真也氏が、執筆を担当。内容は完全オリジナル小説となっている。全18話を収録。漫画よりも少しやさぐれ気味でハードボイルドな井之頭五郎が、東京を縦横無尽に食い尽くす。

 なお本作発売日である、10月4日(金)は、ドラマ『孤独のグルメ Season8』のO.A.もスタート。食欲の秋は『孤独のグルメ』の独壇場になりそうだ。

帯にはリリー・フランキー&原作・久住昌之のコメントも

●リリー・フランキー
「この人の味覚は、涙の味がする」

●久住昌之
「ボクの知らない五郎。でも読み進んでいくと、たしかにこれはボクが漫画に描いた井之頭五郎だ!こんな不思議な感動初めて」

<小説版・井之頭五郎が歩む、哀愁のグルメ記>
★酷暑の渋谷、日傘の影だまりと冷や汁に救われる
★武蔵野の果ての坂の底。白いイタリアンを食べて我に返る
★ハロウィンのアリスと、底知れない沖縄のヤファジューシー
★浅草の片隅でロシア料理の強靭な連続技に熱く火照る
★おせちと七面鳥のあとにかぶりつく新大久保のハットグ
★世界の大巨人の栄光を思いながら啜る、赤坂の排骨拉麺

■新刊概要
『小説 孤独のグルメ 望郷篇』
壹岐真也 著
発売:2019年10月4日
価格:1200円+税
判型:四六判
発行/発売:扶桑社

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!