櫻坂46、一人ひとりの成長が結実した結成1周年の集大成 『1st TOUR 2021』ファイナル公演を徹底レポート

櫻坂46『1st TOUR 2021』ファイナルレポ

 緊張感の強いエンディングを経て、和テイストの衣装に着替えたメンバーは「無言の宇宙」からアンコールを開始。センターに立つ渡邉理佐は憂いに満ちた表情を浮かべながら、穏やかな中にも情熱的な空気が感じられるこの曲を丁寧に表現していく。ステージ後方に広大な宇宙をイメージさせる照明演出が用意されると、スクリーンには星空に打ち上がる花火が映し出され、楽曲が持つ独特の世界観を華麗に演出していった。

 「無言の宇宙」を終えたあとのMCでは、武元がツアーを振り返り、メンバーに支えられたことを口にすると自然と涙が溢れ出す。藤吉も「やっと(観客と)対面してライブすることができてすごく嬉しいですし、ファンの皆さんの温もりが直に感じられて幸せです」と喜びを口にし、大園はツアー初日に「流れ弾」を初披露したことに触れ「(ツアー最終日までこの曲を)Buddiesの皆さんと育てることができて嬉しいです」と語った。また、田村は「初めて櫻坂46でこうしてツアーを回ることができましたが、地方での皆さんの姿がすごく鮮明に蘇ってきて……皆さんに支えられているなと思いました」と涙を浮かべながら感謝を伝え、最後に菅井が「これからも皆さんと素敵な景色をたくさん見ていきたいと思います」と締め括る。

 ここで最後に曲に移るかと思われたが、Buddiesへのサプライズとして12月9日、10日に日本武道館にてデビュー1周年を記念した『1st YEAR ANNIVERSARY LIVE』が開催されることを発表。会場が盛大な拍手で包まれると、菅井は「私たちの1歳の誕生日、思い切り成長した姿をお見せしたいですし、これからの櫻坂46に期待したくなるライブにしたいと思います」と意気込みを語った。

 さらに、3rdシングルでの活動を最後にグループを卒業することになった守屋茜、渡辺梨加からも改めて挨拶。守屋は「今まで支えてきてくださった皆さんに、どうやったらこの感謝が伝えられるのか、今年に入り卒業を決意してから後悔のないように、一つひとつ大切に、全力で取り組んできました。その姿は届いていましたか? こうやって見ている景色もどの瞬間も、これから先の私にとって支えになるであろう大切な経験であり、大切な思い出です。『ANNIVERSARY LIVE』は私にとって、アイドル人生最後のライブ。このライブで皆さんに感謝と愛を伝えられたらいいなと思います」、渡辺は「櫻坂46として最後にメンバーのみんなと一緒にツアーを回ることができて、本当によかったです。ツアーは今日で最後になりますが、『ANNIVERSARY LIVE』があるので、まだまだ皆さんとたくさん楽しい思い出を作っていきたいです」とそれぞれ思いの丈を伝えた。2人のコメントを受け、菅井は「最後までかけがえのない時間を楽しく、皆さんと一緒に過ごせたらと思います。そして、ゆいぽん(小林)も必ず帰ってくると信じているので、またみんなで集まれる日を楽しみにしたいと思います」と語った。

 続けて菅井は「このツアーが始まるとき、メンバーと共有した目標があります。まずは久しぶりにお会いできるBuddiesの皆様、そして初めて観てくださる皆様に櫻坂のパワーを思い切り伝えること。そして、このツアーを通してチームワークを高めること」と語り、メンバーの成長を感慨深げに話してから、「これからの櫻坂に可能性を感じることができました」と力強いひと言を放った。

 この日のライブ、そして初のツアー最後の1曲に選ばれたのは「櫻坂の詩」。あるメンバーは瞳を潤ませ、またあるメンバーは満面の笑顔で会場や配信を見ているBuddiesに感謝を伝えていく。会場全体が桜色に包まれ、温かな空気が充満したところで2時間半にわたるライブは大成功のうちに幕を下ろした。

 メンバー一人ひとりの成長がグループの成長を促し、さらには櫻坂46の個性確立へと近づく結果となった今回の全国ツアー。この経験を経て、櫻坂46はさらに多彩な個性を身に付けながら成長を続けていくことになる。12月に控えた『1st YEAR ANNIVERSARY LIVE』ではどんな姿を見せてくれるのか、今から楽しみに待ちたい。

■セットリスト
櫻坂46『1st TOUR 2021』
2021年10月31日(日)さいたまスーパーアリーナ
00. OVERTURE
01. Dead end
02. Plastic regret
03. 半信半疑
04. Microscope
05. 君と僕と洗濯物
06. 偶然の答え
07. ブルームーンキス
08. 最終の地下鉄に乗って
09. 思ったよりも寂しくない
10. それが愛なのね
11. ソニア
12. Nobody’s fault
13. なぜ 恋をして来なかったんだろう?
14. Buddies
15. BAN
16. 流れ弾
<アンコール>
17. 無言の宇宙
18. 櫻坂の詩

櫻坂46公式サイト



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる