櫻坂46、一人ひとりの成長が結実した結成1周年の集大成 『1st TOUR 2021』ファイナル公演を徹底レポート

櫻坂46『1st TOUR 2021』ファイナルレポ

 櫻坂46の全国ツアー『1st TOUR 2021』が10月31日、さいたまスーパーアリーナで千秋楽を迎えた。9月11日に福岡から始まった櫻坂46初の全国ツアーは、全4都市9公演を回り、最終公演のみ有料生配信も行われ、休養中の小林由依を除く24人で、結成1周年を迎えた現時点での集大成と言えるステージを展開した。

櫻坂46ライブ写真一覧はこちら

 菅井友香、土生瑞穂、齋藤冬優花による影アナで「ツアーファイナル、ぶち上がるぜ!」と会場の熱量を上げると、Buddies(ファンの総称)がスティックバルーンでリズムを取るなか「OVERTURE」へと突入。続いてスクリーンに、映画のオープニングを彷彿とさせる映像が流れ始めた。ブルージーなギターの音色が不穏な空気を作り上げると、いつの間にか客席は赤いペンライト一色に染まる。映像の中ではメンバーがステージへと向かい、それがそのままリアルへと反映。ステージには逆光の中に浮かび上がるメンバーのシルエットと、最後にステージ床から迫り上がる森田ひかるの姿が。そのままメンバーは「Dead end」から勢いよくライブをスタートさせる。一人ひとり配色の異なるカラフルな衣装を身に纏って、センターの森田を中心に一糸乱れぬ激しいダンスを披露。曲中では火花も吹き上がり、派手なサウンドに華を添える。

 続く「Plastic regret」では空気が一変。切なくも情熱的なこの楽曲では、センターの藤吉夏鈴をはじめとするメンバーが時に笑みを、時には物憂げな表情を浮かべて、世界観を作り上げていく。また、パーカッシブなファンクチューンに乗せた軽やかなダンストラックパートを経て披露された「半信半疑」では、指先にまで神経の行き届いた繊細なダンスを見せる。ここではグループ最年少メンバーの山﨑天がセンターを務めたが、16歳とは思えぬ大人びた表情に思わずドキッとさせられた方も多かったのではないだろうか。

 3曲終えると、最初のMCで菅井が「タオルとかペンライトが本当に励みになっています」とライブ開催への喜びを伝える。また、渡邉理佐は「地方公演でいただいたパワーをここですべて出し切って、全員で楽しみ尽くしたいと思います」と口にし、松田里奈は「いよいよ最終日。寂しい気持ちもあるんですけど、ライブが終わるまでの時間を日本で一番、世界で一番熱く楽しい時間にしましょう!」と客席に呼びかけ、森田も「1曲目でステージ下から上がってきたんですけど、そのときからペンライトでパワーをいただきましたし、スティックバルーンを叩く音でさらにパワーをいただきました」と笑顔で思いの丈を語った。

 「櫻坂46にはいろんなジャンルがあるので、その1曲1曲を楽しんで帰ってください」という言葉通り、ここからは1曲ごとにさまざまなタイプの楽曲が連発される。ハッピーで軽やかなサウンドが印象的な「Microscope」では、広いステージを思う存分に使った“ピタゴラスイッチ”的な演出が飛び出し、「君と僕と洗濯物」ではステージに高くそびえ立つタワーやバルコニーなどを巧みに使うなど、視覚的要素も豊富に用意。ダンスや歌での表現に加え、喜怒哀楽がより映える表情の作り込み、そしてシアトリカルな映像演出や豪華なステージセットの数々と、欅坂46時代に培った経験がさらにバージョンアップされ、かつ楽曲で展開される世界観も多彩さを増したことでより緩急に満ちたステージが提供できるようになったのではないだろうか。

 また、先の山﨑のみならず、メンバー個々の表現力の向上も顕著で、「偶然の答え」に入る前に披露された藤吉、渡邉、大園玲によるアンニュイな空気を伴うパフォーマンス、「ブルームーンキス」の前に森田が見せたコンテンポラリーダンスなどでは、成長の一端を見つけることができた。中でも「偶然の答え」で見せる藤吉のエモーショナルな表情には、観る者すべてを惹きつけるほどの吸引力を感じ取れたはずだ。そういった曲間をシームレスにつなぐ演出含め、欅坂46時代の5年間に学んだ経験がより高いレベルに昇華されていることも窺えた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる