>  >  > 若月佑美、乃木坂46として最後の舞台上演

若月佑美、乃木坂46として最後の舞台上演 「辞める時になっても実感が湧かないんだろうな」

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月18日より上演がスタートした乃木坂46・若月佑美主演舞台『鉄コン筋クリート』の囲み取材、公開ゲネプロが同日行われた。

三戸なつめ、若月佑美、松崎史也

 舞台『鉄コン筋クリート』の原作は、『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて1993年から1994年にわたり連載された松本大洋の同名漫画。2人の少年・クロとシロが、暴力が飛び交い、大人の思惑がうごめく街・宝町を舞台に、レジャー施設「子供の城」をめぐってサバイバルしていく姿が描かれる。

 囲み取材には、クロを演じる若月、シロを演じる三戸なつめ、演出を手がける松崎史也が姿を見せた。初日を迎える心境を聞かれた若月は「ついにこの日が来たかという感じで、私自身がすごく大好きな作品でしたし、自分が乃木坂46として出演する最後の舞台ということで、ここに一つかけて頑張ろうとやってきたので。緊張しいなので何回も腹痛の薬を飲んだんですけど、頑張りたいと思います」と正直な今の心境を吐露。一方の三戸は、「今はニヤニヤしちゃいます。すごい楽しみで、早くみんなで作り上げたものをお客さんに観てほしいな」と笑顔を見せた。


 2人が演じるのが少年役であることについて若月は「役としていただく時に“女性”という元々持った性別をまさか越えられる日が来るとは。少年という場所が、女性と男性の狭間にいる存在なのかなと思うので、いいところに自分の女子としての場所が働けばいいなと思いました」とクロを演じる上での思いを明かした。これには三戸も「私は男の子の役をやるって聞いた時になんの違和感もなくて、『できるかも!』と思って。シロという役が大好きですし、私がやりたいなと思いました」と性別の壁はなかったようだ。松崎は元々女性が少年役を演じることはプランにあったといい、「普通に男の子がやるよりも、周りを大人の俳優で固めて。女の子が演じるのは背格好もそうですし、声質とか演技の質感的にも女の子がやったほうがいいというのは、第一にありました。結果として、それ以上に2人が当初の予想を大幅に超えて、クロとシロとしてやってくれているので、そこを楽しみにしてもらいたいです」と期待を煽った。

 元々、原作漫画が大好きな作品だった若月は、「すごく読んでた漫画だったので、ファンの立場的にも、もし舞台化と言われたら『おー!』と思います。観に行きたいなと思う作品だったので、プレッシャーがないかと言われたら嘘になるんですけど、稽古場でやってきて『あ、宝町がそこにある!』と思えたので、そこは自信を持って観てほしいなと思います」とファンの立場と近い心境であることを話す。続けて三戸は「自分たちの『鉄コン筋クリート』を作ってきたという自信があるので、この作品が好きというのは私たちとお客さんとで共通してあることだから、感じることは違ったりするかもしれないけど、自分が探しているものだったり、何かヒントになって見つけてもらえればと思います」と物語のメッセージ性に触れた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 舞台の見どころについて若月は「初めてアクションに挑戦させてもらって、クロはたくさんのところで戦って、誰かを、街を守ろうと頑張るところがあるので、そこは見てほしいと思います」と語り、乃木坂46卒業前最後の舞台出演になることには「正直、全く感じてなくて。この舞台が25日に千秋楽を迎えるんですけど、私の卒業が30日までなので5日間しかないんです。けど、そこを噛みしめる前にこの作品を考えてたので、辞める時になっても実感湧かないんだろうなと思うんです。卒業してからやりたい場所がお芝居ということで、最後の最後、ギリギリまで乃木坂46としても舞台ができたことをすごく嬉しく思って、何か未来が見えたなって、少しだけ思ってます」とグループ卒業後の道についても話した。

      

「若月佑美、乃木坂46として最後の舞台上演 「辞める時になっても実感が湧かないんだろうな」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版