>  >  > けやき坂46、世界進出の目標を語る

けやき坂46 佐々木美玲、グループの大きな目標を宣言 「日本だけでなく、世界にも進出したい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 けやき坂46(通称:ひらがなけやき)のデビューアルバム『走り出す瞬間』が6月20日にリリースされる。発売に先立ち、本日6月19日には各メンバーが数組に分かれ、関東近郊のCD店舗に挨拶周りを行うリリース記念イベントを開催。同日、本イベントの出発式がソニー・ミュージックの本社にて行われた。

Arrow
Arrow
佐々木久美
ArrowArrow
Slider
 

 出発式には、けやき坂46の1期生から佐々木久美、佐々木美玲、加藤史帆、齊藤京子、2期生から小坂菜緒、渡邉美穂の計6名が参加。佐々木久美はタワーレコード、佐々木美玲はTSUTAYA、加藤はHMV、齊藤は新星堂、小坂はWonderGOO、渡邉は楽天のユニフォームと、それぞれ各店舗チェーンのユニフォームを着用して登場した。

 加藤は「アンダー(グループ)として集められて私たちが単独アルバムを発売できるのは夢のよう。いつも応援してくださる皆さんのおかげだと思っています」と喜びと感謝をコメント。同アルバムには既存曲10曲のほか、新曲が18曲収録されており、齊藤は「予想を上回る曲数で、今までひらがなけやきは数曲しかなかったのですが、ライブでもたくさん披露できるので楽しみです」と驚きを語った。今後の目標を問われた佐々木美玲は「私たちひらがなけやきのことをたくさんの人に知ってもらって、いつかは国民的アイドルと呼ばれるようになりたい。日本だけでなく、世界にも進出したい」と宣言。あわせて齊藤も「いつかひがなけやきで東京ドームに立ちたいです」と目標を掲げた。

 各CDショップへの挨拶回りについて、渡邉は「各店舗の方に『走り出す瞬間』のポスターを人目の付く場所に貼っていただいて、店内で収録曲をたくさんかけていただけたら嬉しいです」と語り、小坂は「私たちがお店をジャックするぐらい、ひらがなけやきを一面に出していただきたいです」とコメント。記者からユニフォームの話題が振られると、齊藤は「新星堂さんのバイトをしている気分」と嬉しそうに語り、佐々木久美は「憧れのロゴなので、エプロンを着れて嬉しいです」と感想を述べた。また、渡邉は「以前着たことがあるのではないかというくらい個人的にはしっくりきているので、持ち帰りたいです(笑)」と笑顔で感想を述べた。

 また、アルバム発売をきっかけに成長した点を問われると、先日キャプテンに就任した佐々木久美は「武道館で発表された時は夢のような感じで、突発的に涙が溢れました」と振り返り、「自分たち名義のCDを出すことでもっと成長しないとダメだと思いました。このアルバムを機に乗り越えなければならない壁もありましたが、メンバー全員の気持ちをひとつにして、また少し大きなグループに成長できました」と手応えを語った。最後に佐々木美玲が「今日はワールドカップも日本代表が初戦ということもあって、私たちも全国のみなさんに笑顔を届けられたらと思います。それでは行ってきます!」と意気込み、出発式は幕を閉じた。

(取材・文=泉夏音)

「けやき坂46 佐々木美玲、グループの大きな目標を宣言 「日本だけでなく、世界にも進出したい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版