> GOING UNDER GROUND

GOING UNDER GROUND

(ゴーイング・アンダー・グラウンド)

ブルーハーツにあこがれたオトコたちはパンクの荒波に翻弄されつつ、ジャムのナンバー「Going Under Ground」から名前を拝借し、94年バンドを結成した。埼玉県桶川市出身——歪んだギター・サウンド、泣きむしなメロディを奏でることから、“桶川のウィーザー”という異名で親しまれてきたグループである。
98年ミニ・アルバム『Cello』でシーンに登場し、翌年にはKENZI&THE TRIPSやザ・ピロウズで知られる上田ケンジをプロデューサーに迎えた『思春期のブルース』を発表。作品を重ねるごとに、メロディは爽快なフィーリングを感じさせるものへと著しく成長し、ギター・バンドの魅力であるキラびやかさを増大させた。そして、01年「グラフティー」により活動の場をメジャーへ移行。ギター・ロック・シーンで確固たるポジションを築いている。

GOING UNDER GROUNDの記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版