Zebraheadの記事一覧

(7件)

湾岸ドライヴに最適な、猛烈どキャッチー・へヴィ・ロックをガシッと鳴らす5人組。とにかく美味しい。ラップ・フレイヴァーを巧みに取り入れたヴォーカル・スタイル、次から次へと繰り出される即効シング・アロング可能なサビ・メロ、パリッと乾いた轟音ギター・サウンド、ラウドに攻めるドラミング。——オルタナティヴ/ハードロック/ヒップホップ/パンク/メタルのもつ高揚感を十二分に体現している。
そんな彼らは、98年の1st『ウェイスト・オブ・マインド』でいきなりスマッシュ・ヒットを記録する。00年には待望の2nd『プレイメイト・オブ・ザ・イヤー』(←脳天気なタイトル)をリリース。一回聴いただけでモッてかれること必至な直球アルバムだ。

E-girls「Follow Me」はロックが下敷きにあった? ゼブラヘッドのパンクアレンジ好評の理由

E-girls「Follow Me」はロックが下敷きにあった? ゼブラヘッドのパンクアレンジ好評の理由

MAN WITH A MISSION、Zebraheadとのスプリットツアーにてコラボ曲を披露

MAN WITH A MISSION、Zebraheadとのスプリットツアーにてコラボ曲を披露

MAN WITH A MISSIONとZebrahead「巨大ライブハウス」で夢のコラボレーション披露

MAN WITH A MISSIONとZebrahead「巨大ライブハウス」で夢のコラボレーション披露

MAN WITH A MISSION、ZebraheadとのスプリットEP『Out of Control』の海外盤リリースが決定

MAN WITH A MISSION、ZebraheadとのスプリットEP『Out of Control』の海外盤リリースが決定

ワンオクやマンウィズ海外人気の理由のひとつ? 日本語詞と英語詞をうまくミックスさせる方法

ワンオクやマンウィズ海外人気の理由のひとつ? 日本語詞と英語詞をうまくミックスさせる方法

MAN WITH A MISSIONの異色スプリット盤の意義と、『マッドマックス』ED曲起用について考える

MAN WITH A MISSIONの異色スプリット盤の意義と、『マッドマックス』ED曲起用について考える

MAN WITH A MISSIONとZebraheadがスプリットEPをリリース 表題曲は映画『マッドマックス』テーマに

MAN WITH A MISSIONとZebraheadがスプリットEPをリリース 表題曲は映画『マッドマックス』テーマに

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版