Aqua Timezの記事一覧

(5件)

03年に太志(vo)とOKP-STAR(b)を中心にアビコ(dr)、mayuko(key)、大介(g&pro)の5人でバンドを結成。04年、大手CDショップが主催するバンド・コンテストの関東大会で2年連続最優秀賞を受賞。05年に1stミニ・アルバム『空いっぱいに奏でる祈り』でインディーズ・デビューを飾る。
ロック、レゲエ、ヒップホップなどを巧みに融合させつつ、誰もが聴きやすい高品質のポップ・ソングとして結実させるのが彼らの持ち味で、練られたプログラミングとキャッチーなメロディー、メッセージ性の高いリリック、静寂と爆音のスパイラル、これらが渾然と一体になったエモーショナル・ミクスチャー・サウンドは、早耳のインディーズ・ファンの心をがっちりと掴んだ。
なかでも、「等身大のラヴソング」はオリコン・インディーズ・チャートのトップ3圏内にランク・イン。「百万回の愛してるなんかよりも/ずっとずっと大切にするものがある」と太志が綴る飾り気のない、まさに“等身大”と呼ぶにふさわしいこの曲の詩に、多くの若者が共感・共鳴しロング・ヒットを記録した。
その後アビコ(dr)の脱退を経て、06年4月に2ndミニ・アルバム『七色の落書き』でメジャー・デビュー。同年7月発売のシングル「決意の朝に」が映画『ブレイブ・ストーリー』主題歌に、同年11月のシングル「千の夜をこえて」が映画『劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY』主題歌に起用されるなど、2曲立て続けに劇場用アニメで使用され話題を呼んだ。その後もシングルの多くがアニメやドラマの主題歌に起用されたが、08年日本テレビ系『ごくせん』主題歌となった6thシングル「虹」が大ヒット。この年の夏、10本以上のフェスに出演し、人気バンドとしての地位を築いた。

ZEPPET STORE 木村世治が語る“音楽との向き合い方”の変化「震災以降、ファンとの交流が増えた」

ZEPPET STORE 木村世治が語る“音楽との向き合い方”の変化「震災以降、ファンとの交流が増えた」

映画『ポケモン』20周年記念作品主題歌はどのように生まれた? 本間昭光×Aqua Timez太志対談

映画『ポケモン』20周年記念作品主題歌はどのように生まれた? 本間昭光×Aqua Timez太志対談

『RockCorps』が提唱する、音楽と社会貢献の新たな結びつき プロジェクト創設者インタビュー

『RockCorps』が提唱する、音楽と社会貢献の新たな結びつき プロジェクト創設者インタビュー

Aqua Timezの楽曲が愛され続ける理由とはーー言葉の力を信じ続けた10年の足跡

Aqua Timezの楽曲が愛され続ける理由とはーー言葉の力を信じ続けた10年の足跡

Aqua Timez、10周年の感謝を伝える武道館ファイナル終了 今秋初の47都道府県ツアー開催を発表

Aqua Timez、10周年の感謝を伝える武道館ファイナル終了 今秋初の47都道府県ツアー開催を発表

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版