白石聖の記事・ニュース・画像一覧

(176件)

白石聖の記事・ニュース・画像一覧です

白石聖、写真集が発売

テレ東話題ドラマ出演の俳優・白石聖、写真集が発売「やりたいことが全て叶った素敵な一冊ができた」

俳優・白石聖の待望の2nd写真集が、9月6日に発売される。本作は25歳の節目に撮影された特別な作品で、沖縄をロケ地に、初の水着シ…

『しょせん他人事ですから』に白石聖ら出演

白石聖、『しょせん他人事ですから』出演決定 中島健人とバディを組むパラリーガルに

7月19日よりテレ東系で放送がスタートする中島健人主演のドラマ8『しょせん他人事ですから 〜とある弁護士の本音の仕事〜』に、白石…

『新空港占拠』次回作は劇場版か?

『新空港占拠』次回作は劇場版か? “青鬼”菊池風磨との関係が疑われる本庄と庭瀬の行動

櫻井翔が主演を務める『新空港占拠』(日本テレビ系)の最終回が、“衝撃の展開”で幕を閉じた。放送ラスト約30秒、1年前の病院占拠事…

『新空港占拠』“山猫”の正体が明らかに

『新空港占拠』“山猫”の真の正体は二葉だった 続編を期待してしまう意味深な最終回に

獣たちが“けもの”と“けだもの”の二派に仲間割れをし、前者のほとんどは確保される。その一方で鼠=大河(ジェシー)率いる後者は、蛇…

『新空港占拠』は前作と同じ流れに

『新空港占拠』は『大病院占拠』とまったく同じ流れに 獣たちが空港を占拠した理由とは

前回のエピソードのラストで馬(竹内まなぶ)と猪(後藤剛範)、牛(サーヤ)の3人の正体が判明した『新空港占拠』(日本テレビ系)。2…

『新空港占拠』大和が残した意味深な言葉

『新空港占拠』大和が武蔵に残した“意味深な言葉” “山猫”という黒幕の存在も明らかに

1年前に病院を占拠した“鬼”たちのリーダーであった青鬼こと大和耕一(菊池風磨)に会いに行く武蔵(櫻井翔)。そこで得られた情報は、…

実写版『幽☆遊☆白書』は成功と言えるのか?

実写版『幽☆遊☆白書』は成功と言えるのか? 『ONE PIECE』との違いなどから検証

冨樫義博の漫画『幽☆遊☆白書』は、1990年代を沸かせた作品の一つだ。TVアニメ版も好評を博し、その後の『HUNTER×HUNT…

『フェルマーの料理』“料理”への壮大な夢

『フェルマーの料理』受け継がれた“料理”への壮大な夢 レストランKに訪れた最悪の展開

親から子へ、子から孫へと受け継がれていくものがあるように、師から弟子へ、そしてまたさらにその弟子へと受け継がれていく技術がある。…

『フェルマーの料理』海の秘密が明らかに

『フェルマーの料理』全ての謎が繋がる海の秘密の正体 切なさを滲ませる岳と魚見の関係性

今夜、全ての謎が繋がった。物語の始まりとは概してワクワクするものだが、こんなに悲しい「始まり」があるだろうか。そしていよいよ、視…

『フェルマーの料理』志尊淳の最後の教え

『フェルマーの料理』志尊淳が高橋文哉に最後の教えを施す 新しい道へ歩み始めた岳と広瀬

頂点を知るものだけが、抱えている孤独がある。真理に辿り着けるのは、孤高に打ち勝つ人間だけ。高みに行けば行くほど、人は孤独になる。…

実写『幽☆遊☆白書』予告から再現度を分析

実写版『幽☆遊☆白書』ティザー予告から再現度を分析 人間離れした綾野剛の戸愚呂弟も

12月14日に世界独占配信が予定されているNetflixシリーズ『幽☆遊☆白書』。同作の初公開映像となるティザー予告や、作中のキ…

実写版『幽☆遊☆白書』ティザー予告公開

北村匠海主演『幽☆遊☆白書』に綾野剛、稲垣吾郎、町田啓太ら出演 ティザー予告も公開

12月14日より世界独占配信がスタートするNetflixシリーズ『幽☆遊☆白書』の新キャストとして、白石聖、古川琴音、見上愛、清…

『何曜日に生まれたの』が与えてくれた希望

『何曜日に生まれたの』は私たちに希望を与えてくれた 野島伸司が届けた“1割の素敵なこと”

「ストレスの9割は対人関係。でも、1割は素敵なことがあるかも」「雨に濡れなきゃ、虹は見られない」  3年前に突如、私たちの生活…

『何曜日に生まれたの』BDプレゼント

飯豊まりえ主演ドラマ『何曜日に生まれたの』のBlu-ray BOXを1名様にプレゼント

10月8日に最終回を迎えた飯豊まりえ主演ドラマ『何曜日に生まれたの』のBlu-ray BOXが、2024年2月9日に発売される。…

『何曜日に生まれたの』クランクアップ写真

『何曜日に生まれたの』飯豊まりえらのクランクアップコメント&オフショット到着

10月8日22時よりABCテレビ・テレビ朝日系で最終回が放送される『何曜日に生まれたの』。飯豊まりえをはじめとするメインキャスト…

『何曜日に生まれたの』言葉を失う衝撃ラスト

『何曜日に生まれたの』すいの行動が公文の心を動かす 野島伸司らしさ溢れる衝撃のラスト

「どうして私を書くの」  その言葉とともに、公文(溝端淳平)に向けられたナイフ。逃げる隙はあったかもしれないが、彼は避けようと…