『ブギウギ』秋山美月は伊原六花にしか演じられない! 人生と重なる歩みと舞台への執念

秋山美月は伊原六花にしか演じられない!

 そんな伊原だからこそ、秋山の清々しい決断を気持ちよく演じることができたのだろう。11月17日に放送された第35話の相撲シーンでは見事な四股を披露し、しかも大男に勝利して見せる。そんな秋山からは、今後大阪に戻ったら男役で輝いてみせるという強い決意も感じられた。このシーンでは、伊原が葉山奨之と共にW主演を務めた配信ドラマ『シコふんじゃった!』(ディズニープラス)も頭をよぎる。こうした節目節目のキャリアを活かすことで、伊原は秋山というキャラクターにより深く息を吹き込むことができたのだろう。

 そしてラスト、列車の中でタップを踏む秋山のリズムが東京の舞台で「センチメンタル・ダイナ」を歌うスズ子のリズムとシンクロしたときは自然と涙が溢れてきた。これまでの秋山の歩みと、東京でのスズ子との生活が想起され、新たな門出への一歩が印象的に描かれたシーンだ。SNSではそんな秋山に対して、「秋山さんのタップが本物だからこそ、この演出が上手くいったのだと思う」「汽車の中でもついつい踊らずにはいられない秋山の情熱を感じる」などの声があがった。

『ブギウギ』制作統括も感嘆した趣里×伊原六花の“せっせっせ” 秋山の相撲シーンの裏側も

NHK連続テレビ小説『ブギウギ』が現在放送中。“ブギの女王”と呼ばれる笠置シヅ子をモデルに、大阪の銭湯の看板娘・花田鈴子=福来ス…

 制作統括の福岡利武によれば、この後も秋山は登場予定とのこと。要所要所で顔を見せてくれるであろう秋山のはつらつとした表情が待ち遠しいものだ。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『ブギウギ』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45、(再放送)11:00 〜11:15
出演:趣里、水上恒司、草彅剛、蒼井優、菊地凛子、水川あさみ、柳葉敏郎ほか
脚本:足立紳、櫻井剛
制作統括:福岡利武、櫻井壮一
プロデューサー:橋爪國臣
演出:福井充広、鈴木航、二見大輔、泉並敬眞、盆子原誠ほか
写真提供=NHK

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる