『ラジハII』が問う“死”への向き合い方 本田翼演じる杏の父・正一の姿から考える

『ラジハII』が問う“死”への向き合い方

 それは末期がん患者の今井が語る、「がん患者は暗くしてなきゃダメ?」「いつ誰がどこで死ぬかなんて誰にもわからない」と、美味しいラーメンを求める姿も同様だ。そして同時に、「死は誰にとっても身近にあるもの」と実感する悠木。終盤で今井のベッドから名札が取り払われるのを見つめる表情や、SNS投稿で涙する悠木の姿のみで今井の死を思わせる演出もまた、自身の死と同様に大切な人の死も常に身近にあることを表しているのであろう。ここ数話、“病気を見つけ出して患者を助ける”という『ラジハ』としての根源に立ち返るエピソードが続いたが、ここにきて人間ドラマとしてのより大きなテーマに向かうことになったわけだ。

■放送情報
『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』
フジテレビ系にて、毎週月曜21:00~21:54放送
出演:窪田正孝、本田翼、広瀬アリス、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人、山口紗弥加、遠藤憲一、鈴木伸之、八嶋智人、浅野和之、和久井映見ほか
原作:『ラジエーションハウス』(原作:横幕智裕、漫画:モリタイシ、GJ/集英社)
脚本:大北はるか
企画:中野利幸
プロデュース:草ヶ谷大輔
演出:鈴木雅之、相沢秀幸、水戸祐介
制作著作:フジテレビジョン
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse2/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる