『カムカム』松村北斗の稔はすべての親の理想そのもの 村上虹郎も参戦で恋の三角関係へ

松村北斗の稔はすべての親の理想そのもの

 帰りの遅い安子(上白石萌音)を案じていた橘家の面々。やっと安子が帰ってきたかと思ったら、男前を連れてきた。『カムカムエヴリバディ』(NHK総合)第9話は、始まって2週目にしてもう両親と稔(松村北斗)の顔合わせという展開となった。

 何がすごいって、今回のほとんどが松村の独壇場として進んでいくことだ。安子の両親や祖父母に対して伝えたい思い、覚悟、その真剣さが見ているこちらにも強く伝わってくる。前話で追いかけてきただけでも王子様なのに、さらに畳みかけるかのような理想的な言動に画面のこちら側が完全に絆されてしまっても、安子の両親は一筋縄にはいかなかった。

 祖父母の方は案外ちょろい。特に杵太郎(大和田伸也)なんて、交際を申し込まれているというのに、稔がお菓子をたくさん頼んでくれるものだから、そんなことはそっちのけで自分ちの商品の何が美味いか、なんて聞く始末。ただ、これは稔が聡明で誠実そうな男だから逆にそれに安心したり、そんな彼を連れてきた安子の見る目があることに嬉しかったりと、さまざまな感情があってのリアクションだろう。

 そんなトリッキーなシチュエーションにも柔軟に対応する稔。しかし、いざ安子との交際になると、空気感を変えて話し出す。つまるところ、今回は彼のこの安子への思いという独白で1話が構成されているといっても過言ではないのだ。こんな好青年が家に訪ねてくるなんて、全ての子を持つ親にとってはまさに理想そのものではないだろうか。その誠実さを体現する松村北斗の表情もとても良い。

「僕は正式に安子さんとのお付き合いを認めていただきたいと思っています」

 そんなストレートな告白に続くのは、彼女が持ちかけられている砂糖の生産会社の息子との縁談が橘家にさほど利益をもたらさないという、まさかのビジネス視点でのロジカルパンチ。やはり賢いだけあって、単なる感情論に止まらず、安子の両親や橘家にとっての損得勘定をふまえたうえで交際許可を得ようとしているのがすごい。しかし、それが逆に仇となってしまった。

 戦況が悪化すれば、今後菓子そのものが贅沢品になるだろうという言葉は、言い換えてしまえば「だから雉真繊維の僕と付き合った方が安泰ですよ」と言っているようなものなのだが、そこで安子の母・小しず(西田尚美)が切り込む。「雉真繊維のご長男じゃったら、それに相応しい縁談がきっとあるはずなのに、あなたの一存で決められることなんですか」と。

 そう、逆に彼が雉真繊維の跡取りという事実が2人の交際を阻む大きな壁となってしまっているのだ。なぜなら、橘家にとっては長男の算太(濱田岳)がダンスの道に行ってしまったことで、もう安子しか残っていないから。彼女は婿養子をもらうことしかできず、雉真家長男の稔がそうなることは、彼が雉真繊維の跡取りではなくなることを意味する。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる